LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった:『WIRED』US版レヴュー – WIRED.jp

Home » アップル » LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった:『WIRED』US版レヴュー – WIRED.jp
アップル コメントはまだありません



アップルの「Apple Watch」が第3世代へと進化した。ついにLTE通信機能が搭載され、iPhoneなしでも単体で通信や通話が可能になった「Apple Watch Series3」の実用性は、いかなるものか。『WIRED』US版がレヴューした。

TEXT BY DAVID PIERCE

WIRED(US)

watch

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE

2017年9月22日に発売された「Apple Watch Series 3」(シリーズ3)は、去年のApple Watchと見た目はまるで同じだ。シリーズ3は価格が399ドル(日本では税別36,800円)からで、サイズは2つ。横にある小さな赤いボタンを除けば、外観上の目新しい特徴はほとんどない。

だが、実際はこれまでとはまったく違うデヴァイスと言っていい。LTE通信に対応しており、iPhoneやWiFi接続環境がなくてもインターネットにつながる。この2年間、Apple Watchは「iPod Touch」のような存在だったが、いまや「iPhone」そのものに進化した。

アップルが2015年に初代「Apple Watch」を発売したとき、われわれの生活に“侵入”してくるテクノロジーから少し距離をおくためのデヴァイスとして訴求していた。アップルのWatchプロジェクトで責任者を務めるケヴィン・リンチは当時、「わたしたちは現在、ほとんど常にテクノロジーに接続された状態にあります。人々はスマートフォンを持ち歩き、いつも画面を見つめているのです」と語っていた。

Apple Watchにとっての転機

しかし、本当の意味では当初のコンセプトは実現できていなかった。近くにiPhoneがなければ機能せず、メガホンのように通知を教えてくれる存在にすぎなかったのだ。その後アップルは戦略を変え、フィットネスに熱心な人や健康意識が高い人たちにApple Watchを売り込んでいった。それでもなおアップルは、「Fitbit」に通知機能を足した程度のもの以上の何かとして、常にApple Watchを位置づけていた。

シリーズ3の発表後にアップルの幹部数人に話を聞いてみると、これがApple Watchにとって大きな転機となったことは明白だった。そして、シリーズ3を腕に着けて1週間を過ごしてみて、1つの仮説に至った。Apple Watchは「次世代のiPhone」である──と。

アップルは明らかに、「iPhone X」以降のiPhoneは、何か違うものに進化していくと考えている。AR(拡張現実)や、次世代の働き方・遊び方に合わせて設計された、より強力なコンピューターである。そんな未来ではApple Watchが、われわれが電話でこなしていることの大半を担うかもしれない。

すなわち、通話やメール、スマートホームの操作、音楽関係のリモコン機能、ヴァーチャルアシスタントとのやり取りなどである。Apple Watchなら特に気が散るようなことなしに、これらをすべてこなせるだろう。iPhoneは便利なツールだが“遊び”の要素に気をとられがちなので、切り分けは非常に有効になる。

まだ完成していないが、素晴らしい考えだ。個人的には初めてApple Watchのことが気に入ったし、これからもずっと着けておくつもりだ。

LTE通信時のバッテリー持続には期待できない

iPhoneとペアリングしてしまえば、Apple Watchをインターネットに接続するのに必要な時間は数分だ。携帯電話会社の料金プランは少しずつ異なるが、わずかな金額をプラスするだけで、Apple Watchの通信プランに加入できる。米国では携帯電話会社の多くで初期費用がかかるが、最初は免除されるし、通信料を数カ月無料にしてくれるところさえある。

iPhoneが近くにあれば、Apple WatchはBluetooth経由で接続し、そこからインターネットにつながる。iPhoneから離れるとWi-Fiを探し、それでつながらなければLTE接続を行う。使ってみてLTE接続とWiFi接続の違いに気づくことはなく、テストした1週間で切り替えが問題になったこともなかった。

ただ、もっと苦労した人もいるようだ。認証されていないWi-Fiネットワークに切り替える際、インターネットにつながらない場合は問題が発生することを、アップルは公表した。こうした点には注意して進めたい。

LTE通信の問題点が何かはご存知だろう。そう、バッテリーだ。シリーズ3を普通に使っていれば、1日は充電なしでも問題ない。これは旧モデルの「シリーズ2」とほぼ同じである。ただし、頻繁にLTE接続すると、4〜5時間で電池切れになってしまう。

アップルは、シリーズ3をLTE接続で通話した場合のバッテリー持続時間を1時間としているが、これはテスト結果とも合致する。長時間持続しないので、Apple Watchを手持ちのiPhoneの代わりしようとは思わないだろう。むしろ、移動中に電話をかける必要がある場面に向いている。なお、電話としての働きは驚くほど良好だ。Watchの内蔵マイクは奇跡的に素晴らしかった。

watchs3_launch_georgestreet_sydney_closeup

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE

性能はこれまでのすべてのApple Watchよりも相当に高くなっていると感じた。すべてが高速に動作するので、旧モデルでは常に発生していた待ち時間がほとんどなくて済んだ。

ただし、ユーザーインターフェースは少し複雑だと感じる。縦に重なったドックにより、自分がよく使うアプリを切り替えるのは簡単だが、すべてのアプリから探し当てるのは永遠に感じられそうなほど時間がかかる。どれがWatch単体で管理しているアプリなのか、どれにiPhoneが必要なのかを理解するのも難しい。

そしてシリーズ3を使えば使うほど、Siriに頼っている自分に気づく。Siriの音声認識は、屋外でも口に近づけないで話すときでも、問題なく動作する。赤い色が特徴となった横のつまみを長押しするか、「ヘイ、Siri」と言って呼び出せば、電話をかけたり、メールを送ったり、地図で行き方を調べたり、メモを取ったりできる。どれもiPhoneを取り出すより、はるかに速い。下を見る必要すらないのだ。

OSの進化は大半がフィットネス関連

シリーズ3のハードウェアの変更のほとんどは、マラソンランナーよりも日常で使う人たち向けである。だが、アップデートされたWatch OSの進化のポイントは、実質的にすべてフィットネス関連だ。

新しい「ワークアウト」アプリは、ほぼすべての種類の運動を手早く記録する素晴らしい手段だ。アップルはWatchのコーチング機能を、よりスマートにした。あとどれくらい歩く必要があるかを知らせ、立ち上がるように促してくれる(おそらく頻繁すぎるくらいに)。毎日20回はWatchに向かって腹を立てることになるが、これは悪いことではない。

アップルはフィットネスに関連する独自のエコシステムを構築しており、ほかの多くの運動アプリはWatchもサポートしている。「NIKE+ RUN CLUB」や「Runkeeper」、そして「Strava」などから自分の好みを選ぼう。

音楽ストリーミングサーヴィス「Spotify」にApple Watch用のアプリがないのは不思議だが、少なくともApple Musicのユーザーは、間もなくLTEを使って音楽をストリーミング再生できるようになる。フィットネス用ガジェットに399ドルは高価に思えるかもしれないが、この種のデヴァイスのなかでApple Watchは抜きん出ている。

さらにアップルは医療関連の機能も強化している。例えば、脈拍が通常値を超えているときや、医師の助けが必要な際に警告する機能も搭載した。医療がWatchにとって重要な要素になるのは明らかだし、実際にこうした機能を備えたデヴァイスを身につけておくのはよいことだと感じた。

watch-series-3-heartrate-app

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE

ちょっとした外出ならiPhoneいらず

この数年間、さまざまなスマートウォッチを何度も試してきた。地球上のあらゆる企業が、スマートウォッチこそが未来だと考えている様子も目にしている。ところが実行してみると、どのスマートウォッチもバッテリーが切れたまま、机の引き出しで忘れ去られる結果に終わった。なぜなら、これらのスマートウォッチは究極的には単なるアクセサリーにすぎず、充電や同期を続けることに手間がかかり過ぎるからだ。

Apple Watchのシリーズ3は、こうした課題を克服できたと感じられた初めてのスマートウォッチである。AirPodsなどのBluetoothヘッドフォンと組み合わせれば、iPodの素晴らしい進化形となる。それに、気を散らせることなくオンラインでいるための便利な手段にもなる。

スマートフォンを捨てさせるほどではないが、犬の散歩やコーヒーを買うために外出するくらいなら、iPhoneを持たずに出かけてもいいだろう。というのも、何かを購入するにしても、手首に身につけたWatchで支払いができるからだ。

もちろん、スポーツクラブにはiPhoneなしで行く。これはつまり、ジムのベンチに座ってツイッターを眺めているのではなく、本当に運動する、ということだ。Watchはとうとう、少なくともときどき、ユーザーをスマートフォンから解放してくれる存在になったのである。

とはいえ、まだ完ぺきなデヴァイスではない。バッテリーはいまだに大きな制約となっており、より多くの良質なアプリと、もっとシンプルなユーザーインターフェースが必要だ。

そして当たり前の話だが、アップルは画面を常に表示状態にしておけるWatchをつくる必要がある。ユーザーの目的が何であれ、これこそが誰にとっても本当に機能する「真のApple Watch」となり得るのだ。






コメントを残す