【体験レポ】プロレーサー監修 本格VRレーシングが渋谷のVR PARK TOKYOに登場 – Mogura VR

Home » アドワーズ » 【体験レポ】プロレーサー監修 本格VRレーシングが渋谷のVR PARK TOKYOに登場 – Mogura VR
アドワーズ コメントはまだありません



レーシングゲームにでてくるGTカーやフォーミュラーカーが実際どのような乗り心地なのか、時速200㎞のスピードの体験できる機会はなかなかありません。

今までにもアーケードには体験できるドライビングシミュレータがありましたが、モニターでは足りない没入感をVRで体験できるようになります。

VRで体験できる本格的なドライビングシミュレータ『T3R Simulator』が2017年6月9日から東京・渋谷「VR PARK TOKYO」(アドアーズ株式会社)で稼働しています。

激しい動きと繊細な動き


『T3R Simulator』ではレーシングシミュレーションゲーム『ASSETTO CORSA』(Steam)が体験できます。今回乗れた車はGTカー。2人対戦で、ピットから出て2周しピットに入るまでを体験します。

路肩に乗りあげたり、激突する振動が全身に伝わり、カーブではGを感じます。直線距離でアクセルを踏めば軽く時速200kmを超えます。

路面には線が引いてあり、赤色はブレーキをかけろ、緑色はアクセルを踏めなど運転するコースとりやアクセルやブレーキのタイミングのコツが描かれています。

しかし、気づかず時速100㎞以上でカーブが曲がり切れず大クラッシュを起こすことも。

筆者もカーブが曲がり切れず車体が1回転半し、車の天井が足元にきましたが、激しい動きにも椅子も激しく動くので、特に酔いは感じずに終わりました。

『T3R Simulator』ではHTC Viveを使用しています。車の外に立って車がいかに綺麗かを見てほしいとのこと。

外に立って車を横から眺めるとタイヤには泥汚れがついていたりと、非常に細かい描写に運転以外も楽しむことができます。運転席にふと目を向けると、首から上がないドライバーが座っていて奇妙な感覚です。

この『T3R Simulator』では、マニュアルからオートマチックに変更も可能なので、免許がなくても楽しむことができます。


シミュレータの前の画面には体験者の視点が映りますが、中央の画面にはコースの色々な地点のカメラの映像が映るので、実際のレース中継を見ているように楽しめます。

https://www.youtube.com/watch?v=RqdQMSXM8EA

『T3R Simulator』とは

『T3R Simulator』はアメリカ合衆国のモータースポーツ「NASCAR」シリーズに参戦している現役プロレーサー古賀琢麻氏が代表をつとめる株式会社アイロックが開発したドライビングシミュレータです。古賀氏が監修もしているのでプロユースなシミュレータとしてプロレーサーがトレーニング用に使ったり、自動車会社が開発にも使っています。

没入感のない既存のドライビングシミュレーターに不満

古賀氏は12歳からゴーカートを運転し、ドライビングゲームは全く没入感がなくやる意味を感じないほど嫌いだったとのこと。『ASSETTO CORSA』をVRで体験して、没入感に対する考えが変わりシミュレータの開発に着手したとのこと。

VR PARK TOKYOへ導入のきっかけ


株式会社アドワーズ取締役石井学氏によると、石井氏は元々運転が好きで、アーケードに入れるよりリアルな体験ができるレーシングゲームを探していたとのこと。『T3R Simulator』のプレスリリースを今年3月に見た事をきっかけに導入を古賀氏にもちかけたとのこと。

メディア向け体験会では古賀氏と対戦した石井氏でしたが、体験後には、「タイヤから路面の状況が伝わってくる感覚と、Gを感じ、シビアなドライビングを求められます」とコメント。実際に車に乗らなくても、本物に乗っているかのような体験にゲームをプレイしていることを忘れてしまう、とプロとのレースを楽しんでいました。

体験時には3種の中から好きな車種を選べますが、石井氏のおすすめの車種はフォーミュラーカー。普段乗れるような車ではないので、まっすぐに走れない点が面白いとのことです。


メディア向け体験会に現れた石井学氏(左)と古賀琢麻氏(右)

『T3R Simulator』今後の展開

現在選べる車種はル・マン24時間レース出場車と、GTカー、フォーミュラーカーの3種、選択できるコースは3種類です。当分は変更はないとのことですが、今後、ライセンスカードを発行し、ランクがあがることで選択できる車種やコースの解放をしていきたいとのこと。

また『ASSETTO CORSA』自体が、タイヤやオイルの消耗があるなど、カスタマイズ要素があるため、カスタマイズしたデータをライセンスカードで持てるようにして繰り返し遊べたり、大会等も開いてみたいとのこと。

1回で終わりではなく、繰り返し遊びたくなるコンテンツを目指すとのことです。




施設概要

名称

「VR PARK TOKYO」

コンテンツ名称

『T3R Simulator』

体験人数

1人~2人

ジャンル

ドライビングシミュレータ

予約サイト

https://direct.satsukisan.jp/direct/plan/calendar/pln3000020415/
(予約なしでも遊べますが予約した方が確実です)

住所

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13



コメントを残す