マベニールがシグナリング・セキュリティーの人工知能および機械学習に重点を置く研究開発センター・オブ・エクセレンスを発表 – 時事通信

Home » アナリティクス » マベニールがシグナリング・セキュリティーの人工知能および機械学習に重点を置く研究開発センター・オブ・エクセレンスを発表 – 時事通信
アナリティクス コメントはまだありません



SS7、SIP、スパム・コントロール、Diameterシグナリング・ファイアウォールを対象

米テキサス州リチャードソン–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — サービスプロバイダーのためのネットワーク変容の加速と再定義をリードするマベニールは本日、シグナリング・セキュリティーの人工知能および機械学習に重点を置く研究開発センター・オブ・エクセレンスをチェコ共和国ブルノに設けることを発表しました。マベニールのソリューションは、最も高度なシグナリング・モニタリング、アクティブ・フィルタリング、そして強力なアナリティクスを提供し、ネットワークのサービスを利用する顧客の保護を維持しながら、ネットワークの完全な機能と動作を確実に維持できるようにします。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20170613005848/ja/

Network Security (Graphic: Business Wire)

Network Security (Graphic: Business Wire)

Signaling System 7(SS7)は何十年間も幅広く利用されてきましたが、ハッカーが脆弱性を悪用しようとし始めたのはここ数年のことであり、ネットワーク事業者は今、そのネットワークのシグナリング・セキュリティーを強化しつつあります。このようにセキュリティー意識が高まっているのは、ドイツの事業者が、SS7シグナリング不正によって一部の顧客の銀行口座から先月資金が引き出されたことを確認したからです。

マベニールは、シグナリング・セキュリティーに豊富な経験を持ち、Security Gateways(SeGW)、Diameter Edge Agents(DEA)、Signaling Transfer Points(STP)、Diameter Routing Agents(DRA)によって、現在最も先進的なエッジおよびコア・ネットワーク・シグナリングの保護を確保しています。

マベニールは、セキュリティーおよび監査のサービスも提供しています。最近30個以上のネットワークに対して行われたSS7監査の結果からは、どのネットワークも何らかのSS7脆弱性を抱えていることが分かりました。監査中に観察された攻撃は、通話やメッセージの盗聴からサービス停止(DoS)や詐欺まで、幅広い悪用が可能なものでした。

マベニールの社長兼最高経営責任者(CEO)のPardeep Kohliは、このように語っています。「通信事業者はネットワークへの攻撃と脆弱性を抑制することを目指しています。また、次世代ネットワークのためのファイアウォールを実装する努力も加速させています。当社のネットワーク・セキュリティー・ソリューションは、人工知能、機械学習、アナリティクスを取り入れ、SS7セキュリティー、Diameterセキュリティー、SIPセキュリティー、ネットワーク最適化に役立ちます。」

Kohliはさらに述べています。「従来のSS7技術は最終的にDiameterかSIPに置き換えられますが、しばらくはSS7も使用されますので、セキュリティーを確保する必要があります。最適化された複数層のソリューションによってシグナリング・プロトコルのセキュリティー上の欠陥に継続的に対応すれば、通信事業者は企業や加入者を保護することができ、同時にサービスをすべて利用可能なままにして収益を創出することが可能です。」

マベニールのネットワーク・セキュリティー・ソリューションは、北米、EMEA、APAC各地の複数の通信事業者によって導入されています。マベニールの世界をリードするメッセージングSIMボックス、グレールートおよび不正検知能力(SpamShield製品によって提供)には、人工知能と機械学習が活用されています。

更にご関心をお持ちの方のために、マベニールは6月13~15日にロンドンで行われるネットワーク・セキュリティーおよび5Gワールドで展示(ブース5G565)と講演を行います。

マベニール・システムズ | マベニールについて

マベニールはサービスプロバイダーのネットワークの転換を加速し、そのあり方を変えるリーダー企業であり、ネットワークインフラスタックのあらゆるレイヤーを対象とする包括的な製品ポートフォリオを提供しています。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコアおよびRANに至るまで、最初からクラウド対応の進化型ネットワーキングソリューションで先頭に立ち、革新的でセキュアなエンドユーザー体験を実現させています。

業界初のVoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、ビジュアルボイスメール、クラウドRANのソリューションを通じて、350社以上のCSPの加入者35憶人にサービスを提供しているマベニールのプラットフォームは、サービスプロバイダー各社の次世代ビジョンを今日において見事に実現し、新しい収益源と経営効率を達成できるようにします。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。






コメントを残す