jinjer(ジンジャー)、第2回 HRテクノロジー大賞にて『管理システムサービス部門 優秀賞』受賞 – 産経ニュース

Home » アナリティクス » jinjer(ジンジャー)、第2回 HRテクノロジー大賞にて『管理システムサービス部門 優秀賞』受賞 – 産経ニュース
アナリティクス コメントはまだありません



株式会社ネオキャリア
株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役 西澤亮一)が提供する、人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームサービス「jinjer」(https://hcm-jinjer.com/)が、第2回 HRテクノロジー大賞「管理システムサービス部門 優秀賞」を受賞いたしました。この度の受賞を機に、今後も『「ヒト」と「テクノロジー」で、一人ひとりの価値ある未来を実現する』というミッションのもと、「jinjer」のサービス拡充により一層努めて参る所存です。
[画像: https://prtimes.jp/i/11666/93/resize/d11666-93-481765-1.jpg ]

■受賞理由
AI によるモチベーション下降社員の抽出、チャット打刻、スマホからのシフト入力などを実装した「jinjer 勤怠」と、従業員の入退社書類の作成・管理と、社会保険手続きをweb申請できる「jinjer労務」により、人事業務を効率化する点が評価されました。

■HRテクノロジー大賞とは
「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)、ProFuture株式会社)は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、昨年より開催されています。

「第2回 HRテクノロジー大賞」オフィシャルページ http://www.hrpro.co.jp/hrtech_award.php

■jinjerとは
「jinjer」は、従来ブラックボックス化されてきた人事データを「数値化」「可視化」することで、人事戦略の最適解を導き、人事業務におけるパフォーマンスの向上、さらには企業経営の支援を実現するためのツールです。2016年4月にAIによるエンゲージメントアラート機能や業界初の管理者機能のスマホ完全対応を備えた勤怠管理システムを、6月には労務における煩雑な手続きがweb上で簡単完結できる労務管理システムをリリースしてきました。

■ネオキャリアの概要
商号:株式会社ネオキャリア(http://www.neo-career.co.jp/
所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル
代表者:代表取締役 西澤亮一
事業概要:新卒採用支援事業、中途採用支援事業、保育・医?系人材紹介、介護・一般派遣事業、海外中途人材紹介事業、BPOサービス、人事制?・組織改革支援事業 他

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。






コメントを残す