イタリアの取引所から約200億円分の仮想通貨「Nano」流出 「全額補償は不可能」とCEO

Home » 媒体 » ITmedia » イタリアの取引所から約200億円分の仮想通貨「Nano」流出 「全額補償は不可能」とCEO
ITmedia, セキュリティ コメントはまだありません



ニュース

» 2018年02月13日 09時55分 公開



イタリアの仮想通貨取引所「BitGrail」から200億円相当の仮想通貨「Nano」(単位はXRB)が流出。CEOのFrancesco Firano氏は同日、「残念ながら100%返す方法はない」とツイートし、波紋を呼んでいる。



 イタリアの仮想通貨取引所「BitGrail」は2月9日(現地時間)、仮想通貨「Nano」(単位はXRB)が流出したと発表した。流出したのは1700万XRBで、日本円にして200億円相当。BitGrailのFrancesco Firano CEOは同日、「残念ながら100%返す方法はない」とツイートし、波紋を呼んでいる。

画像
流出につてのBitGrailの発表文

 BitGrailは警察に報告済みで、捜査が進んでいるという。「Nano以外の仮想通貨に影響はない」としているが、9日以降、すべての入出金を停止している。

 流出を受けてNano開発チームは声明を発表し、「Nanoプロトコルの問題ではなく、BitGrailのソフトウェアに関連した問題」だと説明。既に捜査機関に連絡したという。

 流出が発覚した当初Firano氏は、開発チームに対して、損失を補てんするために元帳を修正するよう求めたが、開発チームはこれを拒否。開発チームは声明で「Firano氏は、BitGrailの支払い能力について開発チームを長い間誤解させてきた」語るなど、不信感をあらわにした。一方のFirano氏は「開発チームの告発に根拠はない」などと反論し、泥沼状態になっている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);






コメントを残す