スターバックスのハワード・シュルツCEOが退任へ ハイエンドショップ開発に専念

Home » ベンチャー » スターバックスのハワード・シュルツCEOが退任へ ハイエンドショップ開発に専念
ベンチャー コメントはまだありません



 米Starbucksは12月1日(現地時間)、会長兼CEOのハワード・シュルツ氏(63)がCEOを退くと発表した。会長には留まり、開発中のハイエンドショップ「Starbucks Reserve Roasteries」プロジェクトに専念する。

 シュルツ氏は、1982年にStarbucksに入社し、翌年退社して自分のコーヒーショップを立ち上げた後、1987年にStarbucksを買収してCEOに就任した。同社を75カ国で2万5000店以上を経営するコーヒーチェーンに育てた。

 後任には同社の社長兼COO(最高執行責任者)、ケビン・ジョンソン氏(55)が就任する。CEO交代は2017年4月3日に実施の予定だ。ジョンソン氏は米IBMや米Microsoftを経て米Juniper NetworkのCEOを務めた後、2014年にStarbucksの社長に迎えられた。

 starbucks 1
ハワード・シュルツCEO(右)と次期CEOのケビン・ジョンソン社長

 シュルツ氏は発表文で「Starbucksの小売り改革の次の波に集中するに当たり、7年間取締役を務め過去2年間は社長として私のパートナーを務めてくれたケビン・ジョンソンがCEOに就任してくれることを嬉しく思う。これにより、Starbucksのコア事業は今後も世界で成長を続ける」と語った。

 Starbucks Reserve Roasteriesは、同社が本拠地シアトルに1号店を出したハイエンドなコーヒーショップ。コーヒー豆の焙煎工場を併設し、出来たてのコーヒー豆でのオリジナルブレンドのコーヒーを楽しめる。




 starbucks 2
Starbucks Reserve Roasteries


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す