マイクロソフトの人工知能が『パックマン』の史上最高スコアを達成! – ニコニコニュース

Home » マイクロソフト » マイクロソフトの人工知能が『パックマン』の史上最高スコアを達成! – ニコニコニュース
マイクロソフト コメントはまだありません



マイクロソフトの人工知能が『パックマン』の史上最高スコアを達成!
バイレーツ

米マイクロソフトが、人工知能ベースのシステムを使用して、1981年に発売されたアーケードゲームの名作『ミズ・パックマン』の史上最高スコアを達成したことを明らかにした。

この記録を叩き出したのは、今年マイクロソフトに買収されたディープラーニング・スタートアップの“Maluuba”チーム。その記録はレベル201での999,990点で、事実上のカンスト(カウンターストップ)を記録したというものだ。

『ミズ・パックマン』はパックマンのクローンゲームとしてリリースされた強化版であり、今回の記録は家庭用ゲーム機“Atari 2600”版のミズ・パックマンで達成された。

パックマンのようなシンプルなゲームを攻略するために高度なAIの研究が必要なことは奇妙に思えるかもしれないが、MaluubaのプログラムマネージャーRahul Mehrotra氏によると、実際にはプレイ中に発生する様々な行動パターンを攻略するプログラムはかなり複雑なものだという。

特にオリジナルのパックマンに比べて、ミズ・パックマンはゴーストの行動パターンにランダムな要素が追加されるなど、攻略にはより複雑な計算を必要とする。

今回、使用された“Hybrid Reward Architecture”という分割統治メソッドでは、ゲームをクリアするという目標を掲げつつ、各パターンに異なる問題を分割して担当する150以上のAIエージェントを設定し、より高位のAIが重みづけを行うことで最終的な行動を決定する。

複雑な課題を小さなタスクに分割して処理することは人間の脳の働きにも似ており、こうした強化学習をディープラーニングで行うことで、より複雑な作業が可能になり、更に付加価値の高いタスクに対応できると研究チームは考えているという。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube( Microsoft Research)
参照:Next at Microsoft/Divide and conquer: How Microsoft researchers used AI to master Ms. Pac-Man
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)






コメントを残す