レノボとマイクロソフト契約締結、セキュリティーソリューション提供 – ASCII.jp

Home » マイクロソフト » レノボとマイクロソフト契約締結、セキュリティーソリューション提供 – ASCII.jp
マイクロソフト コメントはまだありません



2017年08月23日 17時10分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 レノボ・ジャパンは8月23日、日本マイクロソフトとクラウドソリューションプロバイダーの契約を締結し、法人向けWindows 10 Enterprise E3/E5を主体としたセキュリティーソリューションの提供を開始すると発表した。価格は月額760円からで、9月から提供を開始する。

 これにより、ThinkPadをはじめWindows 10 Pro搭載のThinkCentre、タブレット製品に対してセキュリティー強化を実現するWindows 10 Enterprise E3/E5を月額モデルで提供できるようになる。

  Windows 10 Enterprise E3では、ロックダウン機能やハードウェアとIDの保護といったエンドポイントの保護や情報漏洩を防ぐセキュリティー機能を提供。Windows 10 Enterprise E5では侵入検知をして発覚した後の事後対策を速やかに実行するWindows Defender ATPを提供する。

 さらに、セキュリティーをはじめとする機能アップデートをWindows 10へ継続的に提供するWindows as a Serviceの展開において、両社が協力して運用ノウハウの提供や互換性を検証するサービスも開始する。

 Windows 10への展開の際に課題となる互換性の検証、導入後の継続的なアップデートの運用方法において、法人のユーザーに事前導入検証サービスを提供し、最新のクライアント環境整備をサポートするという。

 さらに、日本マイクロソフトとのクラウドソリューションプロバイダー契約締結にあたり、自社のPCサポートだけでなく、Windows 10 Enterprise E3/E5のサポートも開始する。

 自社が提供するPCとサポート体制に、日本マイクロソフトのセキュリティー機能とクラウドサービスが加わることでユーザーおよび管理者の利便性、運用効率の向上、そしてセキュリティー上の脅威に耐えながらも働き方変革を加速させる環境を提供していくとしている。

■関連サイト



カテゴリートップへ






コメントを残す