熊谷組,基幹システム刷新でクラウドへ全面移行 vCloud Air、Google Appsを活用

Home » IT・インターネット » 熊谷組,基幹システム刷新でクラウドへ全面移行 vCloud Air、Google Appsを活用
IT・インターネット, 事例 コメントはまだありません

ポイントはここ!

  • クラウドへの移行はバックアップソフトを活用し、短期間で完了
  • 残るファイルサーバーもオンラインストレージへの移行を計画
熊谷組

 準大手ゼネコンの熊谷組は2015年7月から8月にかけて、基幹システムを刷新。クラウドサービス上に全面移行した。採用したのは米ヴイエムウェアのクラウドサービス「vCloud Air」だ。さらにバックアップ用途に、米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス「AWS」も活用し、データ保全のための万全の体制を築いた(図1)。

図1●クラウドをフル活用したITインフラへの刷新を続ける熊谷組

サーバーの更改時期に合わせて、2015年に基幹システムを米ヴイエムウェアのクラウドサービス「vCloud Air」へ移行した。

[画像のクリックで拡大表示]

 同社はクラウドを活用することで、あらゆるITインフラを刷新する「クラウドファースト」の取り組みを進めている。2014年にはオンプレミスで運用していたグループウエアを米グーグルのクラウド型グループウエア「Google Apps for Works」へ移行済み。2016年にはファイルサーバーをオンラインストレージへ移行する計画だ。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ

更改期でクラウド移行を決断

コメントを残す