Tinder女子、なぜデートアプリにドハマりするのか?ー 求めてるのは王子様でもセックスでもない(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » Tinder女子、なぜデートアプリにドハマりするのか?ー 求めてるのは王子様でもセックスでもない(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



アメリカ・サンフランシスコ発のマッチング(デーティング)アプリ、Tinder(ティンダー)の日本での人気が加速している。スワイプ数は国内のみで1日あたり3100万回と、この1年を通して倍増。なぜミレニアルはTinderにハマるのか?

【画像】Tinderは「火を点ける」を意味する英語

ミレニアルが使うマッチングアプリの金字塔

Tinderが人気を博したのは、「顔」と「プロフィール」のみで相手を「アリ(Like)」か「ナシ(Nope)」かスワイプするというシンプルな設計にある。

2012年9月にローンチし、2013年7月に日本進出。欧米ではすでにミレニアル世代の「フックアップ(カジュアルにセックスを楽しむこと)・カルチャー」の代名詞となっている。

ユーザーの85%がミレニアル世代(18-34歳)で、半数以上は18-24歳。Happn、Hingeなどの類似アプリも続々と生み出し、まさにミレニアルが使うマッチングアプリの金字塔ともいうべき存在だ。

日本でも今年になって、Tinderを使って高学歴男性と出会い、彼らとの赤裸々なセックス体験を毎日のように書き記す「暇な女子大生」と名乗るTwitterアカウントが異様な人気を博し、フォロワーは20万を超える。

「Tinderは出会い方が自然」

都内に住む出版社勤務のAさん(27)は2016年9月頃、彼氏に振られたことをきっかけにTinderを使い始めた。出会いを求めてはいるが、ネットワークがない。マッチングアプリを使うのは自然な流れだった。

Pairs(ペアーズ)、タップル誕生、マッチ・ドットコムなど他のアプリも使ってみたがしっくりいかない。年収や共通の趣味から相手を探すことに抵抗を感じたという。「お見合いかよ、みたいな」。

その点、Tinderでの出会い方は「自然」だった。アプリをインストール、Facebook連携を使って登録。10秒でマッチングが始まる。相手を選ぶのに冗長なプロフィールを完成させる必要もない。気に入れば右、気に入らなければ左にスワイプする、それだけだ。

【関連記事】



コメントを残す