C CHANNELはなぜF1層を攻略できたのかー好きとリアルと8割にこだわった戦略(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » C CHANNELはなぜF1層を攻略できたのかー好きとリアルと8割にこだわった戦略(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



女性向け動画メディアC CHANNELのCEO・森川亮(50)とCCO・三枝孝臣(50)は、ターゲットであるF1層(女性の20ー35歳)とは共有点がないが、ビジネスの対象にすることは全く問題がないという。「あまりに違い過ぎるので、冷静に見ることができるから」と、2人は口を揃える。

【画像】岩本葉月は前職ソフトバンクでは営業職として転勤も経験。コンテンツに関わりたいというソフトバンク就職時の希望をかなえるためにC CHANNELに転職した。

だが、自らもF1層であるファッションカテゴリーのプロデューサー・岩本葉月(27)は、異なる見方をした。

「男性が思う女性の生態と、女性の実際には乖離があると思うんです。女性特有のあざとさって、ありますよね。男の人にはわかりにくい部分です。そこにも突っ込みながら『それ、わかる』と共感を得られるような。そういうコンテンツづくりは、ネットだからできること」

C CHANNELは、 2015年秋に動画のテーマを「ハウツー」を主軸に切り替えて以降、着実に再生回数を伸ばしてきた。 第2回は、C CHANNELがこの1年半で発見した「攻めの法則」をもとに、C CHANNELを要素分解する。

その1:「F1層は、自分のことにしか興味がない」

岩本がこの1年半で実感したのはこれに尽きる。

「どんなふうにしたら自分がカワイくなるか、オシャレになれるか。しかも興味は人によってさまざま。これが流行ってるから、とか、大枠でひとくくりにはまとめられないのがこの人たちです」

自分のことにしか興味がないF1層にとって、自分に手の届かない絵空事の世界は視聴する意味を持たないという。「だからリアルこそが大事」「成功の法則は 『リアル』に徹すること」と岩本は言う。

「リアルな情報を提供すれば、F1層が自分で行動できる。みんな、 自分のアクションにつながらないことには見向きもしません」

わかりやすい例が「プチプラ」だ。ドラマ「東京タラレバ娘」の3姉妹コーデ(榮倉奈々、大島優子、吉高由里子)を 、上から下まで「カンパケ」でコーディネートしたものをクリッパー(C Channnel専属のブロガーのようなインフルエンサー)が着る動画。一見、ドラマのまんまなのだが、GU、しまむら、ユニクロなどで探してきた「プチプラ」(プチプライス)を中心にコーディネート。再生回数は約47万回まで伸びた。この「プチプラ」はファッションカテゴリーの定番コンテンツだ。

「(ドラマでみたコーディネートが)どんなに可愛くても、自分で取り入れられなかったら意味がない」(岩本)

一見、榮倉奈々や大島優子や吉高由里子と同じになれるが、実際にドラマで着用したコーディネートよりかなり安くて入手しやすい。景気の悪い時代に育った世代の「手堅さ」に合う。

「『あのコーデ、カワイイ』などと話題になりそうなものを、きめ細かく拾ってきてプチプラで再現します。安さという実用性がポイントです」(岩本)

だが、岩本によると、F1層は決してブランドに関心がないわけではない。

「ブランドへの憧れはあるし、それを身につける日もありますが、それは特別な日限定です。特別な日はリアルではありません。それより、毎日のコーディネートをどうするかという実用性へのニーズに応える情報性が大事」

【関連記事】



コメントを残す