実機を見て考えた「HomePod」がAmazon Echoより高い本当の理由(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » 実機を見て考えた「HomePod」がAmazon Echoより高い本当の理由(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



アップルは6月5日から、米カリフォルニア州サンノゼで年次開発者会議「WWDC」を開催。その基調講演ではさまざまなニュースが語られたが、中でも、年末に向け大きな注目を集める新製品の1つとなるのが「HomePod」(349ドル=約3万8000円)の発売だ。

【画像】アップルのスマートスピーカー「HomePod」。2017年末に、アメリカ・イギリス・オーストラリアで販売開始。日本は来年以降。

現在、アメリカ市場を中心に「スマートスピーカー」というジャンルがヒットしている。メインプレイヤーはアマゾンとグーグルだが、そこにマイクロソフトも参入を決めている。そしてアップルも、HomePodで年内に参入することになる。日本ではLINEも今夏に製品投入を発表しており、国内でもホットな領域になりそうである。

同じ「スマートスピーカー」ではあるものの、戦略を分析してみると、市場のリーダーであるアマゾンとアップルとでは、取り組み方に大きな差があるのがわかってくる。

アップル参入で「クラウドとAIの巨人」4社が激突

スマートスピーカーという製品は、簡単に言えば、オンライン接続能力を持ったスピーカーのことだ。ただし、単に音が鳴るだけではなく、マイクを搭載していて、こちらの言うことに答える。

音声で「今週のヒット曲をかけて」「ビートルズをかけて」と言えば、その内容を認識して再生する。ネット上のカレンダーサービスと連携することで、今日の予定を教えてくれたりもする。アプリを入れれば、ピザの注文やタクシーの配車、ちょっとした買い物もできる。スマートフォンと連携して操作できる照明や監視カメラ、エアコンなどがあれば、その操作を声で行うこともできる。

この技術は、スマートフォンとクラウドの応用技術なので、両方のノウハウを持つ企業なら開発は難しくない。一番のハードルは音声認識精度であり、元々そのノウハウと開発能力がないところには作れない。アマゾンやグーグル、マイクロソフトにアップルといった「クラウドとAIの巨人」はその条件を満たしており、だからこそ、このジャンルでも激突することになった。

トップを独走するアマゾン、日本ではまずグーグル対LINEか?

現在、アメリカではスマートスピーカーが急速に普及し始めている。最初に製品化したのはアマゾンで、現在のシェアでも他を圧倒している。米Business Insiderが昨年12月28日付の記事で伝えたところによれば、アマゾンのスマートスピーカー「Echoシリーズ」は、2015年に240万台、16年にはさらに520万台が販売されたという。

アマゾンはEchoを支える音声認識技術の「Alexa」を積極的にライセンス提供しており、Echoと同じようにAlexaが搭載された機器は、すでに1000種類以上あると言われている。グーグルの「Google Home」などはまだEchoの数分の1しか売れていない、という情報があり、スマートスピーカーというジャンルそのものはアマゾン一人勝ちの様相である。

グーグルは、Google Homeの中核技術に「Googleアシスタント」を使っている。日本語版のAndroidにも、先日より提供が開始され、今後はテレビ向けにも提供される予定だ。Android TVをOSに採用するソニーは、「グーグルが提供を開始すれば、テレビの側ではすぐに使える用意ができている」と話す。アマゾンは日本語化の予定を公表していないが、グーグルは年内にGoogle Homeを日本市場に投入する予定。そのため、日本ではLINEが提供を予定しているスマートスピーカー「WAVE」と、Google Homeがまず国内市場に出てくることになる。

そんな中、アップルは「クラウドとAIの巨人」の一人として、この年末にHomePodを投入する。ただし、まずはアメリカ・イギリス・オーストラリアという英語圏に限られ、日本語など別の言語へは来年以降に対応することになる。

【関連記事】



コメントを残す