iPad Pro 10.5インチ速攻レビュー:“買い“がLTE版64GBである理由、日本語キーボードの評価は?(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » iPad Pro 10.5インチ速攻レビュー:“買い“がLTE版64GBである理由、日本語キーボードの評価は?(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



WWDC2017で発表された「iPad Pro 10.5インチ」モデルを数日前から試用している。この10.5インチというサイズ感は、画面に狭さをあまり感じず、かといって12.9インチほど持ち運びを気にする必要もなく、日本人にはベストなサイズ感だ。

【画像】iPad Pro 10.5インチのキーボードは、仕事に使う人には絶対買うべきと太鼓判を押せる完成度。

編集部周辺の従来版9.7インチユーザーからすると、この10.5インチのサイズは「画面が0.8インチ大きくなっただけの割に、意外と広さを感じる」という評価らしい。普段は15インチMacBook ProやSurface 3を使っている僕にとっては、持ち運びやすい仕事道具といった感じだ。

WWDC2017で発表されたiPad Proの新機能のほとんどは、実はiOS11で実装されるものだ(たとえばファイル管理機能やDockなど)。だから、みんなが期待する「完成版」を触れるのは、この秋、おそらく9月になってからだ。

ということで、現時点では画面が広くなった以外は、「心臓部であるSoCがより高速なApple A10X Fusionになって動作がよくなるだろう」「120fps&HDR対応のディスプレイは綺麗で見やすくなってるんだろう」という、ある意味、想定しやすいアップデートだろうと想像していた。

実機を取材に実戦投入してみたファーストインプレッションは、良くも悪くも「これは欠点がないな」ということ。

いつものiOSだし、いつものiPad Proだから(もちろん画面は大きくなっている)、「驚き」とか「派手さ」みたいなものはそれほどない。でも、道具としての完成度が高いという感覚。開封したその瞬間から、違和感なくいきなりフルスピードで使える。高速になったことでアプリの切り替えや、画面を2分割してアプリ2つを使うスプリットビューで遅さを感じるようなことはまずない。

これって、「新品だけど“使い慣れた手帳“」みたいな良さだ。一般的なノートPC(Windows/Mac)に比べてIMEの変換があまり賢くないとか、タスク切り替えやカーソル操作に慣れが必要(結局、画面をタッチすることが多い)だとかはあるけれど、どうしても気になる人は、iPad Proをわざわざ選ばなくても良いわけだから。

【関連記事】



コメントを残す