北米ビットコイン・カンファレンス、ビットコインでの支払い受け付けを停止(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » 北米ビットコイン・カンファレンス、ビットコインでの支払い受け付けを停止(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



・北米ビットコイン・カンファレンスはビットコインでのチケット代の支払い受け付けを停止した。手数料と処理の遅延が原因。

北米ビットコイン・カンファレンス、ビットコインでの支払い受け付けを停止【全写真つき記事はこちらから読めます】

・ビットコインは今まさに注目を集めているが、需要の急増がネットワークに想定外の負荷を与え、手数料は高騰している。

・ビットコインを伝統的な通貨の代わりに使用することは、まだ難しい。

今、ビットコインを取り巻く状況を見ると、すぐに重大な事実に気づく。ビットコインを通貨として実際に使うことはできないという事実だ。

2017年、ビットコインへの関心は急激に高まり、価格は800ドルから1万5000ドルとなったが、今は大きな問題に直面している。手数料は30ドルを超え、処理に数時間かかっているのだ。

実際、事態は主要なビットコイン関連の国際会議が、ビットコインでのチケット代の支払い受け付けを停止するまでに悪化している。

北米ビットコイン・カンファレンスは1月18日~19日(現地時間)、マイアミで開催される。チケット代は最終販売分で1000ドル。だが参加者はもうチケット代をビットコイン、もしくは他の仮想通貨で支払うことはできない。ウェブサイトで主催者は次のように説明している。

「ネットワーク混雑のために処理が手作業となり、仮想通貨でのチケット代の支払い受け付けを停止している。願わくば、2018年は関係者全員がスケーリングに向けてより協力し合い、世界中で使用できるものになりますように」

さらに加えて、「我々は、常にカンファレンスのチケット代のビットコインによる支払いを受け付けてきた。だが、手作業でのデータ入力が必要となってしまったため、我々は最後のチケット販売分についてはビットコインによる支払い受け付けを停止することにした」

取り引き手数料もこの決定の一因と、カンファレンスの主催者モー・レビン(Moe Levin)氏はBitcoin.domに語った。

「事態が改善することを願っている。現状では、大量のチケットを販売する手段はない。取り引き手数料は30ドルを超えることがある」

他のイベント主催者も、ここ数カ月の手数料の高騰や価格変動によりビットコインと距離を置きつつある。PCゲームのマーケットプレイス「Steam」は2017年12月、支払手段としてのビットコインの取り扱いを停止、理由は「手数料の高騰と価格が不安定なため」としている。マイクロソフトも1月初め、「価格の不安定さ」からオンラインストアでのビットコインでの支払いを一時的に停止、今週、再開している。

[原文:A major bitcoin conference is no longer accepting bitcoin payments because the fees and lag have gotten so bad]

(翻訳/編集:増田隆幸)






コメントを残す