スペースX、ファルコンヘビーの打ち上げに成功、印象的な瞬間を振り返る(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » スペースX、ファルコンヘビーの打ち上げに成功、印象的な瞬間を振り返る(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



スペースXは、現行で最強のロケット「ファルコンヘビー」を予定通り打ち上げた。

2月6日(現地時間)、ファルコンヘビーはフロリダにあるケネディ宇宙センター39A発射台から打ち上げられた。およそ50年前、アポロの宇宙飛行士が月を目指したときと同じ発射台。数分後、2基のロケットブースターは無事帰還し、着陸した。

スペースX、ファルコンヘビーの打ち上げに成功、印象的な瞬間を振り返る【他の写真を見る】

ファルコンヘビーは再利用可能で、競合のロケットよりも打ち上げコストが安価。だが同社CEOのイーロン・マスク氏は、今回の打ち上げはまだテストに過ぎないと慎重な姿勢を見せた。

「失敗する可能性は大きい」とマスク氏は打ち上げ前の5日に語った。

実際、予定どおりではないこともあった。3基のロケットブースターのうち、最後に切り離された1基は、ドローン船に着陸する予定だったが、大西洋に落下し、大破したとマスク氏は語った。

ケネディ宇宙センターから飛び立った巨大なファルコンヘビーを振り返ってみよう。

ファルコンヘビーはNASAケネディ宇宙センターから打ち上げられた。スペースXは、現行のロケットの中で最も強力と語った。

高さ230フィート(約70メートル)、23階建てのビルに相当する。

打ち上げ時の推力は約2270トン。「TNT火薬1800トンに匹敵する」と5日、マスク氏は述べた。

ファルコンヘビーは、1970年代にアポロ計画に使われたサターンV型ロケット以来の強力なロケット。

スマートフォンを手に打ち上げを見守る人たち。

スペースXによると、打ち上げコストは9000万ドル(約100億)円。従来より極めて安価。

コストは競合の3分の1。3基の再利用可能なロケットブースターがコストダウンを可能にした。

テスト飛行用に搭載されたマスク氏所有のオープンカー。火星を目指す。

当初、マスク氏はロケット上段に搭載したテスラ・ロードスターを火星に打ち込む「極めてわずかなチャンス」があると語っていた。だが、そうはならなかった。

2008年型テスラ・ロードスターには3台のカメラが取り付けられた。

6日の夜から素晴らしい宇宙の映像を送ってきている。

オープンカーは予定通り、火星と太陽の間をまわる楕円軌道に乗った。

先端にテスラ・ロードスターを載せて宇宙空間を飛行中。

オープンカーは、永遠に太陽のまわりを飛び続ける。

3基のロケットブースターのうち2基は、打ち上げ後、無事に帰還し、着陸した。

2基のブースターは同じタイミングでケープカナベラルに着陸した。「今まで見た中で、文字通り最高のシーンだと思う」とマスク氏。

だが3基目のブースターは大西洋上の予定された着陸地点に戻らなかった。「時速300マイル(約480キロ)で海面に衝突したようだ」と6日夜、マスク氏は語った。

ファルコンヘビーは、3基のロケットブースターに合計27基のロケットエンジンを搭載している。

2017年3月、ファルコン9ロケットで初めてブースターの回収に成功した。

大西洋上のドローン船に着陸したブースター。

回収に成功するまでに何年もかかった。何度も失敗を繰り返した。

[原文:SpaceX launched its biggest and most powerful rocket ever – here are Falcon Heavy’s impressive stats]

(翻訳/編集:増田隆幸)






コメントを残す