アメリカには類を見ない、中国のキャッシュレス・スーパー — Amazon Goにはない2つの特徴(BUSINESS INSIDER JAPAN)

Home » 媒体 » BUSINESS INSIDER JAPAN » アメリカには類を見ない、中国のキャッシュレス・スーパー — Amazon Goにはない2つの特徴(BUSINESS INSIDER JAPAN)
BUSINESS INSIDER JAPAN, IT総合 コメントはまだありません



・アリババは、キャッシュレス・スーパー「ヘマ(盒馬)」を拡大させている。

・ヘマは魚介類を含む豊富な生鮮食品を取り扱い、人気を集めている。客は商品を選び、店内のキッチンで調理してもらうこともできる。

アメリカには類を見ない、中国のキャッシュレス・スーパー — Amazon Goにはない2つの特徴【他の写真を見る】

・また、オンラインで注文すると、30分以内に配送してくれる。

・スマートフォンで支払いできる。

中国最大のEC企業アリババは、キャッシュレス・スーパーの展開を進めている。アメリカには類を見ないスーパーだ。ヘマ(盒馬)は、2018年中に中国国内の店舗数を現在のほぼ2倍となる約60店まで拡大させる計画。

ヘマでは客は、アマゾンのレジなし店舗、Amazon Goと同じようにスマートフォンを使って支払いを行う。

だが、ヘマにはAmazon Goにはない2つの大きなサービスがある。要望に応じて、客が購入した商品を調理するシェフと、30分以内で配送するオンライン注文だ。

アリババが展開するキャッシュレス・スーパー「ヘマ」を見てみよう。

ヘマは、急成長中している。主に肉、魚介、野菜や果物などの生鮮食品、および加工食品を取り扱っている。

店内には、広い魚介類売場があり、客は選んだ商品をキッチンで調理してもらうことができる。

袋に入れて生きたまま持ち帰り、自分で調理することも可能。30分以内に配送してもらうこともできる。

店内で食べることもできる。約100人が着席できる食事スペースがある。

商品にはすべてバーコードが付いている。バーコードをスキャンするだけで、生産地、配送情報、栄養分を確認できる。

ヘマアプリは、客がスキャンした商品に応じてレシピや類似商品を提案。

店舗に行かなくても、アプリで店内の全ての商品を注文できる。

店舗はオンライン注文の倉庫も兼ねている。客に混じって、店員がオンライン注文の商品を再利用可能なバッグに詰める。

詰め終わったバッグを運搬用ベルトに置くと、壁に沿って天井まで運ばれていく。

その後、バッグは客の頭上を通り、隣接した配送センターへと運ばれる。

注文から30分以内で商品を発送。

各店舗は1日あたり数千件のオンライン注文を処理している。

店舗で買い物した場合は、スマートフォン、もしくは顔認証端末で支払い処理を行う。

端末で顔をスキャンすると、アリババのモバイル決済システム「アリペイ」のアカウントにリンクされる。客はそのまま帰るだけ。

[原文:China has a supermarket unlike anything in the US – and it has 2 major advantages over Amazon Go]

(翻訳:まいるす・ゑびす/編集:増田隆幸)






コメントを残す