昔のツイートを発掘する謎のアカウント。“中の人”に話を聞いた(BuzzFeed Japan)

Home » 媒体 » BuzzFeed Japan » 昔のツイートを発掘する謎のアカウント。“中の人”に話を聞いた(BuzzFeed Japan)
BuzzFeed Japan, IT総合 コメントはまだありません



現在、Twitter上で密かに人気を集めているアカウントがある。それが古ツイート発掘者協会(@icho_ga_yowai)だ。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

同アカウントは、一般ユーザーの過去のツイートを掘り返し、その頃の気持ちを思い出せるというもの。引用ツイートで思い返さす。

いったい誰がなにを目的に運営しているのか。また、発掘していて気づいたこととは。BuzzFeed Newsは運営する“中の人”に話を聞いた。

「目的は特にないです」

運営者はシステムエンジニアをしている20代の男性。始めたきっかけをこう話す。

「ツイート発掘を始めたのは今年の6月22日からです。目的があって始めたわけじゃなく、なにかTwitterを使ってユニークなことをしたいな、と思って始めました」

スタートから約1カ月でフォロワーは6千人を超えている。

発掘するツイートはランダムだが、そのほとんどは「5年後」や「10年後」などのワードを含むツイートを対象にしている。

「例えば『5年後に今のことを思い出すかな?』というツイートを5年後に掘り起こせば、掘り起こされた人はなにかしら思うことがあるはずです。安易に心を動かすことができるワードなんです」

あとはその日の気分のよって「死にたい」「Twitterやめる」などのキーワードでも発掘をしている。

ほかにも、世界最古のツイートを発掘したり、東日本大震災における最初の地震報告ツイートを発掘したりしている。

このように単にユーザーの昔のツイートを掘り起こすだけでなく、Twitterという巨大SNSのアーカイブもしているのだ。

発掘作業をして気づいたことは?

発掘作業をしていて気づいたことはあるのだろうか。

「まず、アニメアイコンの多さですね。どんなワードで検索かけても多いです。あとは、2011年3月11日以前と以降で世界が変わったなと思いました」

「地震に対する感度がまったく変わったように感じます。これまではただの揺れだったものが、3月11日を連想させるものとして認識されるようになりました。放射線に対する関心もそうです。健康被害を懸念する人、批判する人、その両方が増えていました」

例えば「5年後」という言葉で検索をかけても「地震」や「放射能」というワードもあがってくる。3.11以降、Twitterでも将来を懸念するツイートが増えたそうだ。

【関連記事】



コメントを残す