「絶対に許されない」 痴漢被害のブラックボックス展 主催者が語る(BuzzFeed Japan)

Home » 媒体 » BuzzFeed Japan » 「絶対に許されない」 痴漢被害のブラックボックス展 主催者が語る(BuzzFeed Japan)
BuzzFeed Japan, IT総合 コメントはまだありません



痴漢被害を訴える声が上がり、問題になっていた「ブラックボックス展」。主催者のなかのひとよ氏が騒動後、初めてメディアの取材に応じ、謝罪するとともに当時の状況を説明した。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

BuzzFeed Newsは、当初からなかのひとよ氏(以下、なかの氏)に取材を申し込んでおり、今回、匿名性を担保することを条件に取材に応じた。

なぜ、痴漢被害の訴えに応じ、対策しなかったのか。なかの氏は「痴漢は想定していなかった」「被害の声は嘘だと思っていた」と語った。

以下、ブラックボックス展の開催の経緯から振り返る。

「ブラックボックス展」とは

ブラックボックス展は、5月6日から六本木のギャラリー「ART & SCIENCE gallery lab AXIOM」で開催されたアート展だ。

フォロワー20万人を超えるTwitterアカウント「サザエBOT(@sazae_f)」の運営者として知られる「なかのひとよ(@Hitoyo_Nakano)」の初の個展だった。

内容は、暗闇の部屋に入るだけ。展示物があるわけではなく、暗闇の部屋に入るという体験自体が「アート」だった。

暗闇の中で、来場者同士の顔も見えない。そこで「キスをされた」「胸を揉まれた」など痴漢被害を訴える声が会期中からネット上に多数上がり、批判が広がった。

そもそも、どういう経緯で開催されたのか。

「私が企画案を持ち込み、合意して開催に至った」

待ち合わせをした都内の喫茶店。予定時刻より早くなかの氏は到着していた。アイスコーヒーを口にしつつ、反省した表情で話を始めた。

「今回取材をお受けする前に、一連の騒動につきまして、まずはこの場を借りて再度謝罪を申し上げたく思います。多くの方にご迷惑やご心配をおかけし、大変申し訳ありません」

謝罪の言葉を述べたあと、開催の経緯を話す。

「昨年、アルス・エレクロトニカで賞をいただいたことをきっかけにギャラリーからお声かけいただきました。私が企画案を持ち込み、合意というかたちで開催に至りました」

なかの氏は、ベルリンに拠点を置いている。一時帰国したタイミングで誘いを受けた。企画案へのギャラリー側の反応は「おもしろい」と良かったという。

【関連記事】



コメントを残す