北朝鮮犯行説「現段階では…」 コインチェック問題、山本一郎に聞く(BuzzFeed Japan)

Home » 媒体 » BuzzFeed Japan » 北朝鮮犯行説「現段階では…」 コインチェック問題、山本一郎に聞く(BuzzFeed Japan)
BuzzFeed Japan, IT総合 コメントはまだありません



580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出したコインチェック問題。その後の仮想通貨の暴落や北朝鮮犯行説など、終わりが見えない。流出をいち早く察知し、発信を続ける投資家・作家の山本一郎さんに、課題と見通しを聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

板は動いていないのに…

――山本さんが「Yahoo!ニュース 個人」で一報を伝えたのは、報道各社に先駆けた1月26日の午後3時35分。コインチェックが会見したのが午後11時半。なぜいち早くスクープできたのでしょうか。

私はまったく「スクープ」とは思ってないんですけどね。少なくとも、取引を監視していた数十人ぐらいは把握していたんじゃないんですか。

私自身もそれなりに仮想通貨の取引をしているので、モニタリングをかけています。で、NEMをウォッチしていたら、正午過ぎに異常な取引が起きているというウォーニング(警告)が上がっているのに気づいたんです。

コインチェックの板(売買の情報)が動いていないのに、大口の資金がウォレットから出ていっている。大口の売買が成立しているのであれば、値段が大きく動いているはずですから、これはあり得ないぞ、と。

本当にコインチェックから第三者に正常な取引で売られて、彼らのウォレットから大口が出ていったのなら、NEMの価格が暴落していなければおかしい。

でもそうなっていないということは、答えはひとつですよね。さすがにおかしいと確信したので、方々に確認、検証したのちに記事にしました。

分別管理に疑念

――NEMの保管に際して、コインチェックがネットから遮断した「コールドウォレット」を使っておらず、複数の秘密鍵を分散管理する「マルチシグ」にも対応していなかったことが批判を集めています。

コールドウォレットやマルチシグに関しては、手間を惜しんだんでしょうね。

ただ、それ以上に問題だと思うのは、顧客の預かり資産と自己勘定を区別する「分別管理」ができていなかったとみられること。

分別管理は資金決済法にも定められた大前提です。そうでなければ、投資家や消費者の保護はできませんから。

ところがコインチェックは、顧客の資金と自己資金を一緒くたにして、ノミ行為をしていた疑いがある。お話になりませんよ。

(※コインチェックはサイトのQ&Aで「法令に則り、適切に分別管理させていただいておりますので、ご安心くださいませ」と記述)

【関連記事】



コメントを残す