父から息子へ贈る「スマートフォン貸与契約書」に絶賛の嵐(BuzzFeed Japan)

Home » 媒体 » BuzzFeed Japan » 父から息子へ贈る「スマートフォン貸与契約書」に絶賛の嵐(BuzzFeed Japan)
BuzzFeed Japan, IT総合 コメントはまだありません



中学受験を頑張った息子に贈る、父からの「スマートフォン貸与契約書」が本気すぎると話題になっている。作成したのは、LinkedInの日本代表を務める村上臣さん。先日までYahoo! Japanの執行役員としてスマホ事業を牽引してきた専門家だ。一体どんなことが書かれているのか? 村上さんが語ってくれたことを、父親目線で紹介する。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

受験勉強を頑張って、知識が猛烈に増えた息子よ。きみはもう大人だ。

息子は、小学四年生くらいのときから、「スマホが欲しい」「同級生は持ってるから」とねだっていた。だから、Wi-Fi環境で使えるタブレット(Nexus 9)を渡した。もちろん、機能制限はつけた。

友だちとの連絡はもちろん、グループLINEを使う。家の真ん中には共用のPCがあるし、YouTubeはもはやテレビがわりだ。インターネットは生活の一部だ。

基本は、家族との連絡用としてのみ利用するものとする

すでに友人とのLINEを楽しんでいる息子だが、「お父さんやお母さんをないがしろにするな」という意味をこめた。

進学で世界が広がる。中学生なら反抗期だってある。その時に、親を無視してもらっちゃ困るわけだ。もちろん、そんな時期があるのは理解している。

だから、「基本は」家族の連絡用とした。

インターネットはいい人ばかりじゃない

丁度、最近「フェイクニュース」が注目を集めた。ニュースで耳にする、新しい単語について息子は父に質問した。

インターネットはすごく便利だけれど、そこにいる全員がいい人とは限らない。フェイクニュースのように真実じゃない情報が流布することもある。

どこにでもある話だけれど、陽のあたる場所があれば、闇もある。そこのことも、話したから、理解してくれるだろう。

だから、今のところは、LINE以外のSNSは「なし」だ。

アプリは基本的に、契約主の承諾が必要

iPhone 8を手に入れた息子がさっそくインストールしたのは、LINEとLINE MUSIC、LINEマンガ、少年ジャンプ+、ヤフーニュースのアプリとYouTube。あとは、タブレットの時から使っているゲームだ。

「ヤフーニュースのアプリは、昔、お父さんの会社が作っていたんだ」。こんな話もできるから。

ファミリー共有グループを作っているので、子どもがアプリをインストールしようとすると、親に申請通知が行く。これが承諾されると、新しいアプリを楽しめるようになる。

もし、申請拒否に納得が行かない場合は、適宜、相談しよう。スマホを通して親子間で会話が生まれる。それはそれで素敵なことだ。

【関連記事】



コメントを残す