LinkedInのリード・ホフマン会長がMicrosoftの取締役に

Home » 海外 » LinkedInのリード・ホフマン会長がMicrosoftの取締役に
海外 コメントはまだありません



Microsoftが、買収したLinkedInの共同創業者であるリード・ホフマン会長を12人目の取締役に任命した。PayPalマフィアでもある同氏は、取締役としてMicrosoftの製品にソーシャルやAI技術を統合していくことを支援するとしている。

 米Microsoftは3月14日(現地時間)、米LinkedInの共同創業者、リード・ホフマン会長(49)を12人目の取締役に迎えたと発表した。

 Microsoftは2016年12月にLinkedInの買収を完了した。同社は1月にはLinkedInのCTO(最高技術責任者)であるケヴィン・スコット氏を自社のCTOに任命している。

 hoffman 1
リード・ホフマン氏

 ホフマン氏はスタンフォード大学で認知科学を、オックスフォード大学で哲学を学び、米PayPalのCOO(最高執行責任者)を務めたいわゆる“ペイパルマフィア”の1人。2002年にLinkedInを創業した。米VCのGreylock Partnersのパートナーとして、創業期の米Facebookに投資している。

 ホフマン氏は自身のLinkedInで、今後もLinkedInのミッションにフォーカスしつつ、Microsoftがシリコンバレーでのプレゼンスを強め、製品およびサービスにソーシャルやAIなどの技術を組み込んでいくことに貢献していくと語った。

 hoffman 2
現在のMicrosoftの取締役12人


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.






コメントを残す