Googleの行動ターゲティング広告は失敗か?–AdSenseサイトの25%しか採用していない – TechCrunch

Home » AdSense » Googleの行動ターゲティング広告は失敗か?–AdSenseサイトの25%しか採用していない – TechCrunch
AdSense コメントはまだありません



Web上の広告主たちにとって、行動ターゲティングは長年の夢の実現(のはず)だった。ユーザの過去の行動に基づいて、その商品に関心がありそうな人にだけ広告を表示する方式だ。このようなターゲティング(targeting, ターゲットを特定すること)の方式は、成長とともにプライバシーへの懸念をもたらしてきたが、その問題をしばらく忘れるとしても、そもそもこのような広告は効果があるのだろうか? ふつうの広告よりも、広告効果が高いのか? 広告効果が高いのなら、広告主たちは広告料が高くても納得するし、そういう広告を載せたがるサイトも増えるだろう。

しかし少なくともGoogleにとっては、答えは“ノー”のようだ。PrivacyChoiceのファウンダ(そしてAttributorの会長で元Yahooの上級副社長)Jim Brockの推計によれば、AdSenseのサイトのわずか25%しか、ターゲット特定型の広告を載せていない。Googleの用語ではそれは“関心対応型広告(interest-based advertising)”と呼ばれている。

Brockは、Googleのプライバシーポリシーへのリンク(このタイプの広告には必ずある)の数からこの数字を導き出した。リンクの数はGoogleの発表で277,000、Yahooの発表で224,000だ(中間を取るとおよそ25万)。Googleが最近の決算報告で公表したAdSenseの広告掲載サイトはおよそ100万だから、25÷100で25%になる。実はGoogleはAdSenseの掲載サイトは100万より多いと言っているから、関心対応型広告を載せているサイトの比率はもっと低いだろう。

Googleが行動ターゲティング広告を始めたのは今年の3月だ。Googleはユーザのブラウザにクッキーを置いて、彼/彼女が訪ねたサイトのタイプを記録し、それによってユーザの関心対象を判断した。ユーザはGoogleのAd Preference ManagerでGoogleが自分に割り当てた関心のタイプを知ったり、あるいは変えることすらできる。このようなターゲティング広告を完全に断ることもできる。

では、広告掲載者の採用があまり積極的でないのはなぜだろう? 一つの理由は、プライバシー問題などで非難されたくないからかもしれない。でもそれは、それほど深刻な理由とは思えない。基本的には、普通の広告よりも広告効果が高くて、彼らが手にする広告収入が大きければ、もっとたくさんのサイトが採用するはずだ。

Brockの推測では、Googleはユーザの関心を正確かつ広範につかんでいないので、ターゲティング広告の広告効果もそれほど高くないのではないか。彼はこの推測を裏付けるデータを得るべく、今努力している。読者も、このアンケートに参加することによって、彼の努力を助けることができる。彼は、自分の関心をGoogleに正しく把握されている人が何人ぐらいいるか知りたいのだ。現状では、まだ標本数が少ないが、だいたい4人に一人ぐらいがGoogleに自分の関心を記録されている(その記録が正しい/正しくないは次の問題)。そしてそれらの人の一人あたりの関心対象の数はわずかに5つだ。あまり多いとは言えない。

ぼくの場合は例外かもしれない。Googleはぼくの関心を正確に知っている。関心対象が10項目あって、その中にはテクノロジニュース、ビジネスニュース、携帯電話、ブログサービス、広告、飛行機旅行などがある。ぼくって、ネット上で、そんなに開けっぴろげな人間かなあ?

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))






コメントを残す