家族の架け橋になるAndroid内蔵ロボット「Xperia Hello!」を11月18日に発売 – ASCII.jp

Home » Android » 家族の架け橋になるAndroid内蔵ロボット「Xperia Hello!」を11月18日に発売 – ASCII.jp
Android コメントはまだありません



ウェイクワードは変わらず「ハイ、エクスペリア」のままです

 ソニーモバイルは、スマートプロダクトシリーズの第3弾となるコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(G1209)」を発表しました。直販価格は税込16万1870円で、11月18日にソニーストアならびに家電量販店で発売予定です。

Xperia Hello!

 Hello!は「Xperia Agent」としてMWC 2016でコンセプト発表され、その後、IFAや翌年のMWCでアップデートされてきた製品。まるで家族の一員が増えるような体験を実現したいというコンセプトから、正式名称はより親しみやすい「Xperia Hello!」になりました。

 Hello!は内蔵した7つのマイク、4つの人感センサー、カメラなどとAndroid 7.1を搭載した本体内にインストールされたHello!専用アプリによって家族間のコミュニケーションを促進させる機能を実現しています。



正面にはHD解像度のタッチディスプレー、頭はスイッチになっており、目の上にカメラがある 背面にはDCジャック、データ転送用のUSB Type-C端子、スマホなどとペアリングするためのNFCを搭載


底面には7方向に延びたマイク、4つの人感センサー、電源ボタン、ボリュームキーを搭載

 コミュニケーションのおもな機能としては、LINEと連携したメッセージ送信・読み上げ機能、Skypeを使った通話・ビデオ通話、ビデオ伝言機能の3種類が利用可能。たとえば、Hello!に対して「おとうさん、はやく家に帰ってきてね」と話しかけると、おとうさんとして登録されたLINEアカウントに対して「はやく帰ってきてね」というメッセージが送信されます。

 また、逆に外出先から家にいる子どもに対して「お留守番よろしくね」などとメッセージを送り、家でHello!が子どもを認識すると、自動的にメッセージを読み上げてくれます。この機能は最大10人まで家族として登録できる顔認証機能によって実現。仮に家に訪れていたお客さんや別の家族が認識されているときは、読み上げないようになっています。

LINEと連携したコミュニケーションが可能

 さらに、見守り機能も搭載。LINE経由で「家の様子を聞く」「家の様子を撮影する」というコマンドが実行可能。家の様子を聞くコマンドは、Hello!に対して家族が何分前まで家にいたか(=何分前に顔を認識したか)の返答をメッセージとして受け取る機能。

 それでもよくわらかない場合は、家の様子を撮影するコマンドで、家の様子をHello!が回転して見える8方向の写真をリクエストします。なお、撮影前にはHello!からアナウンスがあり、実際の撮影開始まで20秒の待機時間が設けられるため、万が一家にいて写真を撮って欲しくない場合は、家にいる人がキャンセルできます。

遠隔で部屋内を撮影できる

 また、流行りのスマートスピーカーのようなHello!自体とのコミュニケーションで天気やニュースなど、情報を調べることも可能。ニュースソースは共同通信社が提供し、情報検索はWikipdiaを参照します。

 Googleカレンダーの参照も可能で、Googleカレンダーに誕生日や家族の記念日を登録しておけば、Hello!が記念日を教えてくれたりします。また、検索結果などは音声だけではなく、本体にある4.6型HD解像度(720×1280ドット)のタッチ液晶で確認・操作も可能です。

 なお、前述のとおりXperia Hello!はAndroid 7.1を搭載しており、SoCはSnapdragon 650、メモリーは3GB、ストレージは32GBというまるでミドルレンジクラスのスマホのような性能を実現。実際、Google Playストア経由でAndroidアプリをインストール・実行できます。

Hello!くんの中身はAndroid 7.1

 ただし、Xperia Hello!自体が回転したり、首の周りが光ったり、頭を動かしたりといった動作はHello!の専用アプリからしか、実行できません。同じくスマートプロダクトの触れるプロジェクター「Xperia Touch」のように汎用的なデバイスとして使うのはオススメできません。

 子どものいる共働きの家庭や、両親と離れて暮らしている場合などに便利な「仲介役」として活躍するXperia Hello!。やや高めの価格帯ではありますが、動作や音声、そして映像をあわせた機器としてはおもしろいアプローチをとっています。

メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.6型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 直径111mm×高さ216mm
重量 約1085g
CPU Snapdragon 650
1.8GHz+1.4GHz(ヘキサコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ
センサー 加速度、地磁気、GPS、ジャイロ、照度、気圧、気温、湿度、人感
OS Android 7.1
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 約1320万画素
バッテリー容量 2300mAh
FeliCa/NFC ─/○
防水/防塵 ─/─
生体認証 ○(顔)
USB端子 Type-C
カラバリ ゴールド
発売時期 11月18日

■関連サイト



カテゴリートップへ







コメントを残す