アメリカで若者のFacebook離れが進行中 – ニコニコニュース

Home » facebook » アメリカで若者のFacebook離れが進行中 – ニコニコニュース
facebook コメントはまだありません




Facebookが若いユーザーの間で急速に人気を失っていることが、最新調査で明らかになりました。

25歳以下の米ユーザーが280万人減少

調査会社eMarketerによれば、アメリカの12〜17歳のFacebookユーザーは、2017年に9.9%、数字にして約140万人減少し、1,210万人になったとのことです。

 

25歳以下まで広げると、アメリカだけで約280万人がFacebookの利用をやめています。

2018年も進む若者のFacebook離れ

そして2018年も、Facebookにとってはあまり明るい年になりそうにありません。

 

eMarketerは2018年におけるアメリカの25歳以下のFacebookユーザーについて、次のように予測しています。

 

  • 11歳以下のユーザーは9.3%減少する(Facebookの規約では、13以上の利用に限定されていますが、実際は13歳以下でもアカウントを持っているユーザーが数多く存在します)。
  • 12〜17歳のユーザーは5.6%減少する。
  • 18〜24歳のユーザーは5.8%減少する。

 

米メディアRecodeは、eMarketerは外部の調査会社であり、Facebookの全貌を把握しているわけではないとしながらも、若年ユーザーの減少はよくない兆候だと指摘します。若者層の反応はSNSにとって人気のバロメーターです。また11歳以下の若年層のユーザーを失うことは、次世代ユーザーを失うことでもあります。

Instagram人気がFacebookを上回る

ただし若いユーザーが減少しても、アメリカ全体のユーザー数は、今後数年間は増え続けるとeMarketerは予測しています。しかしそれよりも注目すべきなのは、Facebook傘下のInstagramが急成長していることです。同社はアメリカのInstagramユーザーは今年13%増え、約1億500万人に達すると予測しています。Facebookにしてみれば、Facebookのユーザーが減少しても、Instagramが成長すればマイナス分を相殺できます。

 

この伸び率は、アメリカの若者の間で人気のSnapchatを上回ります。Snapchatのアメリカのユーザー数について、2018年は対前年比で9%増の約8,650万人になるとeMarketerは予想しています。

 


 

 

Source:Recode

(lunatic)




アメリカで若者のFacebook離れが進行中



コメントを残す