DIYのGoogle Home互換機「AIY Projects Voice Kit」が3000円で国内販売へ! – ロボスタ

Home » Google » DIYのGoogle Home互換機「AIY Projects Voice Kit」が3000円で国内販売へ! – ロボスタ
Google コメントはまだありません



Google HomeおよびGoogle Home Miniが国内販売されるということでますます盛り上がってきたスマートスピーカー市場。GoogleやAmazonなどのAI音声アシスタントは、サードパーティーが互換機を作りやすい環境を用意しており、これを利用して自作でスマートスピーカーを作る人も増えてきている。
当社でも既に自作Amazon Echo自作Google Homeなど作り方含めて紹介してきた。直近では「超低価格Amazon Alexa搭載デバイス「The $10 Echo」爆誕!」という低価格自作機も話題になっている。

Photo: AIY Projects

そんな中、Googleオフィシャルの自作キット「AIY Projects」の「Voice Kit」が国内でも購入可能になるということで改めてこのキットについて紹介したい。

AIY Projects Voice Kitとは?

AIY Projectsは、AIをより身近に感じ手軽に体験してもらえることを目的にGoogleが立ち上げたプロジェクト。Do-it-yourself Artificial Intelligenceから、「AIY」と名付けられた。

Photo: AIY Projects

このプロジェクトの第一弾として発表されたのが自作スマートスピーカー「Voice Kit」だ。
安価で小型なコンピューター 「Raspberry Pi」を使うことを前提に、スマートスピーカーを自作するためのキットになっている。「Google Assistant SDK」、「Cloud Speech API」などと連携させたり、ユーザーが独自に機能を追加することもできる。

Photo: AIY Projects

キットに含まれるものは、Voice HATボード、マイクロフォンドーターボード、3インチスピーカー、プッシュボタン、外装箱用段ボールとその他組み立てに必要なケーブルなどが含まれている。別途、Raspberry Pi本体などは必要となる。

Photo: AIY Projects

組立方法も写真入りで解説されており、それほど難易度が高いものではない。組み立ては、作業開始から設定完了まで、1時間半しかかからないというレベルだ。
このキットはRaspberry Pi公式雑誌「MagPi Magazine」(2017年5月号)の付録として配布され、アメリカ・イギリスの一部で販売された。

ついに日本でも購入可能に!

Raspberry Pi正規代理店の株式会社ケイエスワイが、日本でのVoice Kitの販売をアナウンスした。
発売日は2017年11月上旬、価格は3,000円(税抜)の予定だ。

Photo: KSY

Photo: KSY

このVoice Kit以外に必要なものとして、Raspberry Pi 3本体、Raspberry Pi用USB電源、microSDメモリーカード、その他システムのセットアップ時に、モニターやキーボード、マウスなどが必要となる。
かかるコストはVoice Kit(3,000円)+Raspberry Pi本体(4,500円)+その他を購入すれば、Google Home Mini(6,480円)〜Google Home(15,120円)の本体価格と変わらないかもしれないが、それでも自分で作ればこのデバイスに対する理解は深まるし、愛着も湧くはずだ。

僕はこう思った:

ロボスタ編集部でも購入してレポートしたいと思います。お楽しみに!






コメントを残す