音質は杞憂でした。「Google Home Mini」発売前アンボックス&ファーストインプレッション! – ギズモード・ジャパン

Home » Google » 音質は杞憂でした。「Google Home Mini」発売前アンボックス&ファーストインプレッション! – ギズモード・ジャパン
Google コメントはまだありません



こっちがいい!

10月6日にGoogleのスマートスピーカー「Google Home」が上陸し、いよいよ日本にもスマートスピーカーのテックブームが到来しました! そして10月23日に発売されるは、そのミニバージョンである「Google Home Mini」です。

できることはスタンダードサイズのGoogle Homeと同じで、違いはスピーカーユニットの数などハードウェアの部分のみ。しかし、海外で発売されて1年以上経つGoogle Homeに対して、このMiniは先日のGoogleイベントで発表された新型デバイスになります。

この度は、いち早くGoogle Home Miniに触れる機会を得ましたので、さっそくアンボックスしていきましょう。後半にはファーストインプレションもありますよ。

171021_google_home_mini_unbox_1
Photo: ギズモード・ジャパン

今回アンボックスするカラーは「チョーク」です。Google Home Miniには、Google Homeのような着せ替えシステムはないので、代わりにチョーク/チャコール(ブラックグレー)/コーラル(レッドピンク)の3色のバリエーションがあります。

171021_google_home_mini_unbox_13-1
Photo: ギズモード・ジャパン

ではオープン。さっそく本体がお目見えです。

171021_google_home_mini_unbox_2
Photo: ギズモード・ジャパン

本体の登場です。第一印象は、小さっ!ともならないちょうどいいサイズ感。詳しいサイズは後ほど、Google Homeと比較しながら見ていきます。

171021_google_home_mini_unbox_3
Photo: ギズモード・ジャパン

箱の中には本体、電源ケーブル、マニュアルが入っています(白いのは中ぶた)。

171021_google_home_mini_unbox_4
Photo: ギズモード・ジャパン

電源ケーブルは丸いデザインで、本体に挿す端子はUSB Type-microBになっています。アダプターの中央に刻印されたGのロゴが素敵です。

171021_google_home_mini_unbox_14
Photo: ギズモード・ジャパン

本体に戻ってきました。側面には、電源ケーブルを挿すUSBポート、ミュートボタンがあります。

171021_google_home_mini_unbox_6
Photo: ギズモード・ジャパン

裏面はラバー素材で、滑りにくくなっています。なんでオレンジ?と一瞬思ってしまいましたが、ホワイトのPixel 2も電源ボタンがオレンジ色なので、そういうことなのでしょう。

171021_google_home_mini_unbox_10
Photo: ギズモード・ジャパン

電源をオン。布製のスピーカーグリルの下に隠された、4つのランプが光ります。セットアップはGoogle Homeと同じく、「Google Home」アプリ(Android/iOS)を使います。セットアップが完了すれば、あとは「OK、Google」か「ねぇ、Google」と話しかけて、そのあとに頼みごとを伝えるだけです。

171021_google_home_mini_unbox_11
Photo: ギズモード・ジャパン

ちなみにGoogle Homeはトップ面がタッチパッドになっているので、タッチして音量を変えられますが、Miniでは円形の端をタップすることで、音量を変更できます。

171021_google_home_mini_unbox_9-1
Photo: ギズモード・ジャパン

大きさは、直径98mm高さ42mm。たとえるとすれば、肉まんくらいでしょうか。

171021_google_home_mini_unbox_7-1
Photo: ギズモード・ジャパン

そして重要なのは、Google Homeとのサイズ差です。実は直径に関しては、Google Home Miniのほうが大きいんです(Google Homeは96.4mm)。とはいえ数mmの違いなので、比べないかぎり気にすることは何もありません。高さに関しては、言うまでもなく低いですね。

ファーストインプレッション:音楽目的じゃなければ、むしろMini

音質に関しては心配していたような薄っぺらい音ではなく、音楽を再生しても中〜高音はしっかりと出ています。最大音量も、もし6畳1間なら、すぐ下げたくなるほどの音量でした。これは予想外

もちろんGoogle Homeと比べると、低音は弱いですし、Miniはスピーカーの向きが1方向なので、音の広がりがあまり感じられません。それでも普段スマホで音楽を聴いている方なら、副産物として嬉しい音楽スピーカーです。

でも私は音楽をスピーカーで聞かないので、正直、音質は中の下くらいでもいいんです。普段、家では音楽用スピーカーとして優秀なLINEの「WAVE」を使っているんですけど、実はコレけっこうサイズが大きい…(底面約140mm、高さ200mm)。

スピーカーで音楽を聞かない私にとってスマートスピーカーは、あくまでも情報を教えてくれる頼れるヤツ。そこに、音楽用スピーカーの出で立ちをした大きなガジェットが机の上に鎮座していると、だんだん大きさが気になってきて、片付ける理由を探し出してしまうわけです。

もちろんWAVEは、音楽を聞く用途としても使えるように設計されているので、比較に出すのは反則かもしれません。でも今回は、単純にGoogle Home Miniのサイズ感に惚れ込んでしまい、「小さい」にステータスを全振りしたスマートスピーカーがここまで良いのかと初めて触って感じました。

オマケに、小さいほうが「できるヤツ感」がより際立つじゃないですか。それは、Google HomeやWAVEに見慣れた私ゆえの錯覚なのですが、とにかくGoogle Home Miniは“ギーク感がなくファッショナブル”…そんな一台なのでした。

Photo: ギズモード・ジャパン
Source: Google ストア(1, 2), LINE

(山本勇磨)






コメントを残す