Googleのパーソナルアシスタントデバイス、朝の更新情報で映画を宣伝 – エキサイトニュース

Home » Google » Googleのパーソナルアシスタントデバイス、朝の更新情報で映画を宣伝 – エキサイトニュース
Google コメントはまだありません

Googleのパーソナルアシスタントデバイス「Google Home」が16日、朝の更新情報で映画の宣伝らしき内容を読み上げたそうだ(The Vergeの記事Neowinの記事VentureBeatの記事9to5Googleの記事)。

これは当日の情報をまとめて読み上げる「My Day」機能によるもので、気象情報や交通情報などに続き、ディズニーの実写版「美女と野獣」が本日公開されるといった内容の音声クリップが15秒ほど流れたという。

この件をRedditで最初に報告したユーザーは、映画情報を通知するような設定はしていなかったそうだ。また、別のユーザーによれば、Google Assistantを利用可能なAndroidスマートフォンでも同様の内容が流れたとのこと。

この件についてGoogleは、タイムリーな情報を時々試験的に追加していると説明し、宣伝ではないと主張している。VentureBeatによれば、ディズニーとGoogleの間で「美女と野獣」の宣伝に対する金銭のやり取りは発生していないという。なお、音声クリップは16日午後に削除されたとのことだ。

9to5GoogleではGoogleがパーソナルアシスタント機能で宣伝を流すべきかどうかという投票を実施しているが、90%以上が反対票を投じている。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | ITセクション | 映画 | Google | 人工知能 | 広告 | IT

関連ストーリー:
米警察、殺人事件の証拠として「Amazon Echo」の録音データを要求 2017年03月16日
Amazon.com、AWSでコールセンター向け音声アシスタント技術の提供を計画中? 2017年03月06日
Amazon Echo、「Computer」との呼びかけに反応するように 2017年01月31日
Amazon Echo、子供からの音楽再生リクエストに対し卑猥な単語を読み上げる 2017年01月10日
Googleが「Google Home」や「Allo」などの新製品/新サービスを発表 2016年05月20日
スマホの「音声アシスタント」機能、深刻な質問に対しては適切に対応できない? 2016年03月22日

コメントを残す