Googleの新社屋「Google Charleston East」に建設許可、Appleとのデザイン競争が本格化 – GIGAZINE

Home » Google » Googleの新社屋「Google Charleston East」に建設許可、Appleとのデザイン競争が本格化 – GIGAZINE
Google コメントはまだありません




カリフォルニア州・マウンテンビューにあるGoogle本社の拡張計画「Google Charleston East」の建設が認可されました。自然光を取り入れるなど省エネルギー化も図られるなど、機能美を感じさせる設計になっています。

City of Mountain View – Charleston East
http://www.mountainview.gov/depts/comdev/planning/activeprojects/charleston_east.asp

Googleがマウンテンビュー市に提出していた社屋拡張計画が議会で承認されました。これにより、いよいよ新社屋「Google Charleston East」の建設が着工されることになります。Google Charleston Eastがどのようなデザインなのかは、2017年1月にマウンテンビュー市に提出された建設計画書に添付されたイメージ画像を見ればよく分かります。

これがGoogle Charleston Eastの建設計画図面。


最大の目玉は、図面の右側にある建坪59万5000フィート(約5万50000平方メートル)の社屋。


屋根の形状が特徴的なドーム型の建物です。


通りからも奇抜なデザインはよく目立ちます。


立面図はこんな感じ。


この特殊な形をした屋根は、太陽光を効果的に取り込める形状になっています。


特殊な形状のおかげで、日中は建物内に自然な光があふれて照明は最小限で済ませることができます。


一転、夜間は中から光が漏れ出て幻想的な雰囲気に。


建物周辺には木々が植えられます。


憩いの場のような空間も設けられる予定。


エントランスへ向かう道。道路には、Googleが開発していたハンドルもペダルもない自動運転カーが写っています。


開放的なエントランス。


まるで大学のキャンパスのよう。Google社員2700人以上が働く予定の「Google Charleston East」は一般にも開放されカフェなどを利用できる予定です。


Googleがマウンテンビュー市に出した「Google Charleston East」建設計画については、一人の議員からも反対意見がなかったとのこと。建設計画にゴーサインが出たことで、Googleは約2年がかりで新社屋の建設を始める予定です。


ちなみにスマートフォンではライバルのAppleも新社屋「Apple Campus 2」を建設中で、Googleよりも一足早く2017年内に完成する見込み。

2017年に完成が持ち越しのAppleの新社屋「Apple Campus 2」の建設を4分にまとめたムービー – GIGAZINE


Appleの近未来な新オフィス「Apple Park」がついに完成へ、スティーブ・ジョブズにちなんだ巨大なシアターも併設 – GIGAZINE


GoogleやAppleなど、シリコンバレーのハイテク企業は製品・サービスだけでなく従業員の働く環境の良さでも競い合っているようです。

コメントを残す