東京メトロで紛失防止IoTタグを使った忘れ物通知サービス 6/19から実証実験 – はてなニュース

Home » iot » 東京メトロで紛失防止IoTタグを使った忘れ物通知サービス 6/19から実証実験 – はてなニュース
iot コメントはまだありません



f:id:hatenanews:20170615172800j:plain


2017年ニュースリリース|東京メトロ

実証実験は、2017年6月19日(月)から2018年3月31日(土)までの期間、飯田橋駅構内のお忘れ物総合取扱所と、銀座線渋谷駅、丸ノ内線池袋駅、有楽町線新木場駅の計4ヶ所で実施されます。実験には、MAMORIOが提供する専用タグと専用アンテナを活用。アンテナが設置された4ヶ所の実験場所にタグの付いた忘れ物が届くと、忘れ物の位置情報が持ち主に通知される仕組みです。



f:id:hatenanews:20170615172848j:plain
忘れ物をした利用者への通知イメージ


f:id:hatenanews:20170615172857j:plain
お忘れ物自動通知サービスのイメージ

東京メトロによると、2016年度の同社の忘れ物受領件数は1日あたり1,835件、返還率は約29%だそう。今回の実証実験の結果を踏まえてサービス拡大を検討し、「今後より一層返還率が向上するよう努める」とコメントしています。

MAMORIOは、スマートフォンと連携することで、財布や鍵などを紛失した際に「いつどこでなくしたか」を持ち主に通知する専用タグです。これまでにも、東急電鉄や相鉄グループがこのタグを活用した忘れ物通知サービスを試験導入していました。

MAMORIO | あなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイス

MAMORIO BLACK (マモリオ ブラック) 世界最小級の落し物防止タグ 重量3g

文:皆月なつみ

関連エントリー






コメントを残す