7種類のセンサーを搭載したLTE Cat.M1/NB-IoT対応のIoT通信ユニットを開発 – @IT MONOist

Home » iot » 7種類のセンサーを搭載したLTE Cat.M1/NB-IoT対応のIoT通信ユニットを開発 – @IT MONOist
iot コメントはまだありません




 京セラは2017年8月31日、IoT(モノのインターネット)向けのLPWA(Low Power Wide Area)通信規格「LTE Cat.M1」「LTE Cat.NB1(NB-IoT)」に対応した「IoTユニット」を開発したと発表した。国内外の各通信会社をはじめ、LPWA市場参入を目指す企業に提供していく。

京セラが開発した「IoTユニット」京セラが開発した「IoTユニット」 出典:京セラ

 同ユニットが利用するLTE Cat.M1/NB-IoTは、低消費電力かつ広域エリアに対応したIoT向けのLPWA用無線通信規格の1つ。既存のLTE設備を活用することで迅速なエリアカバーが可能で、上り/下りの双方向通信や、低速/中速で移動中での利用もできる。国内大手通信会社による通信サービスも順次展開される予定だ。

 UARTの汎用インタフェースにより、ユーザーの既存の機器やデバイスなどと簡単に接続してIoT機器として活用できる。また、温度/湿度/気圧/照度/加速度/角速度(ジャイロ)/地磁気の各センサーと電池を標準搭載し、GPSにも対応。単体利用でもさまざまなデータの計測・収集が可能だ。

 さらに、同ユニットで計測・収集したデータをPCやスマートフォンで確認できるデモシステムも用意し、簡単にトライアルが実施できる。また、同社のセラミック技術を生かして開発した超小型LPWA通信モジュールにより、アンテナやバッテリーを内蔵しながら本体サイズ約70×37×11mmの小型化を可能にした。




IoTデモシステムの構成IoTデモシステムの構成 出典:京セラ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す