卵が先か鶏が先か?IVIシンポジウム、IoT活用へ現場の課題指摘 – ニュースイッチ Newswitch

Home » iot » 卵が先か鶏が先か?IVIシンポジウム、IoT活用へ現場の課題指摘 – ニュースイッチ Newswitch
iot コメントはまだありません



 IoT(モノのインターネット)推進団体のインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI、西岡靖之理事長=法政大学教授)は12日、IoT化が進む現場での人と機械の新結合をテーマにシンポジウムを名古屋市で開いた。東芝やマツダ、安川電機などが参加する各ワーキンググループ(WG)が、予知保全や生産ラインの知能化などをテーマに抽出した課題や今後行う実証実験について説明した。

 シンポジウムには約350人が参加。WG代表者は、IoT活用に向け「低価格ツールでのデータ収集が必要だ」と強調した。

 またトヨタ自動車顧問・技監で中部品質管理協会会長の佐々木真一氏が講演し「品質の工程での作り込みをしてからIoTを導入すべきだ」と指摘した。






コメントを残す