東電が火力発電の運用をIoTで支援、燃料費を7000万円削減する例も – ITmedia

Home » iot » 東電が火力発電の運用をIoTで支援、燃料費を7000万円削減する例も – ITmedia
iot コメントはまだありません



東電が火力発電の運用をIoTで支援、燃料費を7000万円削減する例も
ITmedia
東京電力フュエル&パワーは、IoT(モノのインターネット)を活用する火力発電所運用支援サービスを開始した。国内外の発電事業者に対しても同サービスの提供を推進し、3年以内に年間50億円の売上高を目指す。 [長町基,スマートジャパン]. 印刷/PDF. 通知. 類似記事の掲載をメールで通知 · 見る · ツイート

and more »






コメントを残す