メッセンジャーでリアルタイムの位置情報を送る方法

Home » 媒体 » All About » メッセンジャーでリアルタイムの位置情報を送る方法
All About, IT・インターネット, フェイスブック(Facebook)の使い方 コメントはまだありません

お互いに動いちゃって会えない……

改札口が多くある駅や巨大なテーマパークで待ち合わせ場所を間違えてなかなか合流できなかった、という経験のある人は多いと思います。地図アプリでスクリーンショットを撮って送る方法が一般的ですが、お互いに動いていると行った先に相手がいない、なんてこともよくあります。

Facebookのスマートフォン向けのメッセンジャーアプリでは、リアルタイムに現在地を共有(シェア)できるので、お互いが移動していてもどこにいるのかわかり、合流しやすくなります。

この記事では、リアルタイム位置情報をシェアする方法を紹介します。iPhone、Android端末どちらでも利用できます。

リアルタイム位置情報をシェアする

位置情報を共有したい友達とのメッセージ画面で、入力欄の左にある[+]をタップし、さらに[位置情報]をタップします。

(左)左端の[+]をタップ。なお、こちらはiPhoneの画面。(右)[位置情報]をタップ

(左)左端の[+]をタップ。なお、こちらはiPhoneの画面。(右)[位置情報]をタップ

確認画面が出たら[OK]をタップします。このとき、「位置情報を常にオンにしますか」という画面が出たら、必ずオンにしましょう。アプリを閉じていたり、スマートフォンをスリープ状態にしたりしていても、相手に自分の位置を知らせるために、常に位置情報をオンにする必要があります。

設定が終わると、画面下に自分がいる周辺地図が表示されます。そして、[リアルタイム位置情報をシェア]をタップしましょう。

(左)[OK]をタップ。(右)[リアルタイム位置情報をシェア]をタップ

(左)[OK]をタップ。(右)[リアルタイム位置情報をシェア]をタップ

位置情報をシェアする相手も、同じ手順で[リアルタイム位置情報をシェア]をタップします。すると、お互いにいる場所がアイコンで表示され、移動するとアイコンもリアルタイムに移動します。

画面下に現在の位置がアイコンでリアルタイムに表示される

画面下に現在の位置がアイコンでリアルタイムに表示される

お互いに同じ画面が表示されるので、相手がどう移動しているのか把握できます。上の画面では、1本違う道にいることがよくわかります。

1回の操作でシェアできるのは60分間で、それ以降はもう一度操作し直すことで有効にできます。ただ、60分間ずっと位置情報を送信し続けるため、バッテリー消費量は多くなります。合流できたら[シェアを停止]をタップして、無効にするのがよいでしょう。

歩きながらスマホを見ないように!

今回は2人の場合で紹介しましたが、グループを作っているときには3人以上でも位置情報をシェアできます。

また、当たり前のことですが、友達の現在地を知りたいからといって、歩きながらスマートフォンを見るのは危険なので絶対に止めましょう。

コメントを残す