“IoTコンドーム”現る 性交中の消費カロリー、ピストン速度など測定 友人とシェア可能

Home » IT・インターネット » “IoTコンドーム”現る 性交中の消費カロリー、ピストン速度など測定 友人とシェア可能
IT・インターネット コメントはまだありません



photo

 IoT(Internet of Things)化の波は、夜の営みにも及んでいるようだ。英British Condomsが、性交中の消費カロリーやピストン運動の速さなどを測れる“IoTコンドーム”「i.Con」を開発している。価格は59.99ポンドで、2017年中の発売を目指す。

 i.Conは、市販のコンドームに取り付けるリング状のデバイス。具体的な形状は明かしていないが、男性器サイズに合わせてリングの幅を調整できるという。取得可能なデータは、性交中の消費カロリー、ピストン運動の速さや回数、性交の頻度と合計時間、男性器の太さ、皮膚温度の平均値、体位の測定(実装を検討中)など。

 スマートフォンとBluetooth接続し、取得したデータを専用アプリで確認できる。友人とデータを共有したり、世界中のユーザーと比較したりする機能も備える。USBポートを搭載し、PCにつないで充電する。1回の充電(約1時間)で、6〜8時間ほど使えるという。

 なかなか見えにくい性生活の事情さえも、データによって可視化され、そのデータを基に“最適化”される時代が来るかもしれない。




photo
測定できるデータ

寄り道テック

IT・ネットの最新事情を日々追いかけている編集部が少しだけ“寄り道”。記者がいま気になっているテクノロジーのあれやこれやを独断で紹介します。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す