乗っ取り対策にも!パスコードでLINEをロックする方法

Home » 媒体 » All About » 乗っ取り対策にも!パスコードでLINEをロックする方法
All About, IT・インターネット, LINEの使い方 コメントはまだありません



乗っ取り防止にも役立つ!LINEのパスコード

勝手にLINEを見られたくない!

勝手にLINEを見られたくない!

自分以外の人に勝手にLINEアプリを操作されたり、アカウントを乗っ取られたりするのが心配……。そのような人は、パスコード(パスワード)を設定して、アプリ自体にロックをかけてしまいましょう。

LINEのパスコードとは

「パスコード」とは、LINEアプリを起動するときにロックがかかり、4桁のパスコードを入力することで解除できるように設定する機能です。万が一アカウントを乗っ取られてしまったり、自分以外の人にスマートフォンを触られたりしても、パスコードを設定していれば、アプリを不正に操作される可能性が低くなります。

LINEパスコードを設定する方法

パスコードの設定は、設定画面のプライバシー管理で行います。“パスコードロック”をONにすると、パスコードを入力するように求められるので、好きな4ケタの数字を2度入力し、最後に“確認”をタップすれば設定完了です。

設定画面 プライバシー管理 → パスコードロックundefinedをONにする

設定画面 プライバシー管理 → パスコードロック をONにする

パスコード入力画面が開いたら、好きな4ケタの数字を2度入力し、“確認”をタップする

パスコード入力画面が開いたら、好きな4ケタの数字を2度入力し、“確認”をタップする

パスコードを忘れたらどうする?

もし4ケタのパスコードを忘れてしまった場合、アプリを一旦削除して、再インストールする必要があります。設定したパスコードを忘れないよう、くれぐれも注意しましょう。

何回間違えるとロックされる?

パスコードの入力は何度でも試すことができます。5回間違ったらアウト、アカウントが凍結……というようなことはありません。

パスコードロックを設定すると通知はどうなる?

パスコードロックを設定すると、LINE通知があったときに、メッセージの内容を表示させる機能が自動的にOFFになります(“メッセージ通知の内容表示”機能OFFの場合、LINE通知には「新着メッセージがあります」と表示される) 。

パスコードロックを設定していても、メッセージの内容を表示させたい場合は、パスコード入力画面で4ケタの数字を2度入力した後、“確認”ではなく、“メッセージ通知の内容表示”をタップし、機能をONにします。

または、設定画面の通知設定からも“メッセージ通知の内容表示”をONにできます。

パスコードロックを設定していても、メッセージの内容を表示させたい場合、パスコード入力画面で4ケタの数字を2度入力した後、“メッセージ通知の内容表示”をタップし、機能ONにする

パスコードロックを設定していても、メッセージの内容を表示させたい場合、パスコード入力画面で4ケタの数字を2度入力した後、“メッセージ通知の内容表示”をタップし、機能ONにする

「設定画面」の「通知設定」 → 「メッセージ通知の内容表示」をONにする

「設定画面」の「通知設定」 → 「メッセージ通知の内容表示」をONにする

パスコードロックを解除する方法

パスコードロック設定をOFFにする方法は、ONにする時と同様の手順です。OFFにすると、設定したパスコードはリセットされますので、再びONにして同じ4ケタの数字を使用する場合には、新たに入力する必要があります。

また、パスコードロックONで、自動でOFFになった“メッセージ通知の内容表示”機能は、パスコードロックをOFFにしても自動的にONにはなりません。 “メッセージ通知の内容表示”をONに戻したい場合も、設定画面の通知設定から行います。

パスコードを変更する方法

設定したパスコードの数字を途中で変更することも可能です。パスコードロックONにすると、「設定画面」の「プライバシー管理」に“パスコードの変更”が表示されるようになるので(パスコードロックOFFでは表示されません)、最初に現在使用中のパスコードを入力し、続けて新しい4ケタのパスコードを2度入力して設定完了です。

設定画面 プライバシー管理 → パスコードの変更をタップし、現在使用中のパスコード、新しい4ケタのパスコードを入力する

設定画面 プライバシー管理 → パスコードの変更をタップし、現在使用中のパスコード、新しい4ケタのパスコードを入力する

パスコードを設定し、さらに定期的に変更することで、アカウント乗っ取り等による不正操作から、自分のLINEアプリを守りましょう!






コメントを残す