NECとMicrosoft、クラウド領域における戦略協業を強化

Home » 媒体 » ASCII.jp » NECとMicrosoft、クラウド領域における戦略協業を強化
ASCII.jp, IT・インターネット, クラウド コメントはまだありません

2017年06月15日 17時10分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 日本電気(NEC)と日本マイクロソフトは6月15日、Microsoft Azure(Azure)を中心にクラウド領域における戦略協業を強化すると発表した。

 両社は、2012年にクラウド領域での戦略協業を開始し、3年ごとに中期計画を策定、クラウドビジネスの拡大を実現してきた。

 今回、両社で策定した「Azure提案育成プログラム」により、NECの営業およびSEを育成し、国内最大級となる1500人規模のAzure販売体制確立と100人規模のAzure構築技術体制を新設する。

 さらに、NECのIoT領域などにおける業種業務ノウハウと日本マイクロソフトのクラウド基盤を融合したAzureソリューションを拡充、共同提案、また導入案件の事例化などの共同マーケティングも実施していくという。

■関連サイト



カテゴリートップへ

コメントを残す