Google Cloud Platformは安価、オンプレへの投資も再利用できる

Home » 媒体 » ASCII.jp » Google Cloud Platformは安価、オンプレへの投資も再利用できる
ASCII.jp, IT・インターネット, クラウド コメントはまだありません

Azureを牽制、Google Cloud Nextの2日目基調講演

2017年06月16日 07時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

 グーグルは6月14日~15日、都内で「Google Cloud Next ’17」を開催。2日目の基調講演では、Google Cloud Platform(GCP)について、「カスタマーフレンドリー」、「インテリジェント」、「オープン」の3つのトピックが語られた。

他社クラウドより6割安い

 まず1つ目のトピック、GCPが“カスタマーフレンドリー”である点として、Google Cloud グローバルヘッド ソリューションズのマイルズ・ワード氏は、「利用料金体系が、ユーザーにとって分かりやすく、親切である」こと、「GCPから提供する50ものサービスは、いずれも他社クラウドより料金が安い」ことを挙げた。

Google Cloud グローバルヘッド ソリューションズのマイルズ・ワード氏

 GCPの仮想マシン(VM)インスタンスの利用料金は、1分単位で利用した時間分だけ課金される。インスタンスの月間使用割合が高いほど料金が安くなる継続利用割引を設けており、利用率に応じて最大30%の割引が自動的に適用される。「ユーザーは平均24%の割引を、自動的に受けている」とワード氏。


GCPのVMインスタンスは利用率に応じて「継続利用割引」が自動適用される

 ワード氏はまた、「GCPのVMでは、コア数とメモリーサイズの組み合わせが固定されず、それぞれユーザーが必要なサイズを選択して使うことができる」と説明し、「もし、適切なのサイズがわからなくても大丈夫。ユーザーの利用状況をみて、最適なVMサイズを提案してくれる自動ツールをUIに実装している」と述べた。VMのコア数、メモリーサイズを利用状況に応じて最適化することで、平均19%のコスト削減効果が見込まれるという。

 「他社のパブリッククラウドのVMインスタンスと比較して、もともとの正規料金が15%割安で、継続利用割引によって24%割引になり、コアとメモリーがカスタムできることで15%のコスト削減効果がある。合計すると、GCPは他社クラウドより60%安価だ」(ワード氏)。


GCPは他社クラウドより60%割安

 加えてGCPでは、新しい割引制度「確約利用割引」をスタートする。1年または3年契約でコアとメモリーを購入すると、月次ベースで利用料金が最大57%割引される。契約中、インスタンスサイズはいつでも変更可能だ。

 基調講演にゲスト登壇したプレイド 代表取締役 CEOの倉橋健太氏は、同社が開発・提供するWeb接客サービス「KARTE」を、AWSからGCPへ乗り換えた結果、インフラコストが35%削減できたと述べている。KARTEは、サイト訪問者の特徴や行動をリアルタイムに分析して、個々の訪問者に応じたメッセージ表示などを行うサービスだ。GCPのBigQuary、Bigtableなどを使って構築されている。

プレイド 代表取締役 CEOの倉橋健太氏

Windowsエコシステムへの投資を再利用できる

 「企業の、過去のオンプレミスへの投資を再利用できるという点でも、GCPはユーザーフレンドリーだ」とワード氏。GCPはマイクロソフトから「Windows Migration Partner Program」の認定を受けており、Windows Server、SQL Server、Active DirectoryといったWindowsエコシステムのワークロードをそのまま移行できる。.NETのプラグインを提供し、Visual Studioでの開発にも対応している。

 「互換性だけでなく、マイクロソフト製品のスイートも、そのまま運用できるように開発投資をしている」のだとワード氏は説明する。例えば、オンプレのSQL Serverを使っている場合、エンタープライズ版でもWeb版でも、.NET Coreのサポートが必要なケースでも、オンプレミスのワークロードをGCPのApp EngineとContainer Engineのどちらにでも展開できるという。


GCPはWindowsエコシステムのワークロードをそのまま移行できる

 また、GCPユーザー向けに新しいエンジニアリングサポートを8月から提供することがアナウンスされた。月額固定料金制で、ユーザーのビジネスニーズに合わせてサポート条件をカスタマイズできるようにする。「必要な支援だけにコストを支払う、ユニークなサポートプログラムだ」とワード氏はアピールした。



コメントを残す