ネットワン、クラウドへの接続経路と品質を可視化するサービス(ニュース)

Home » 媒体 » ITpro » ネットワン、クラウドへの接続経路と品質を可視化するサービス(ニュース)
ITpro, IT・インターネット コメントはまだありません

 ネットワンシステムズは2017年6月16日、クラウドへのインターネット接続経路および品質を可視化する「クラウドアクセス可視化サービス」を6月30日から提供開始すると発表した。トラブルの原因を企業管理内外で切り分ける時間を大幅に短縮し、影響地域や状況を把握できる。

クラウドアクセス可視化サービス

(出所:ネットワンシステムズ)

[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドへのインターネット接続経路やパケットロス、遅延のほか、接続先Webサーバーの応答可否や応答速度、ダウンロード速度、ISP(インターネット接続事業者)間の接続構成の変化を確認できる。これにより、トラブル関連の運用管理負荷とコストを大幅に削減できるという。クラウドへのアクセスは企業の管理外となるインターネットを経由するため、接続不可や体感品質低下といったトラブル時の原因分析に時間がかかるという課題があった。

 クラウド提供事業者向けの「インバウンド可視化」メニューでは、インターネット上に設置した複数の監視エージェントから、顧客事業者が提供するクラウドへのアクセス環境を5分間隔で監視する。監視エージェントは世界主要都市と日本国内の4カ所に設置しており、グローバル利用を想定したクラウドにも対応する。

 クラウドを利用する企業向けの「アウトバウンド可視化」メニューでは、企業内に設置した監視エージェントから利用するクラウドへのアクセス環境を5分間隔で監視する。1台のエージェントで複数のクラウドを監視可能。企業環境内のWebサーバーへの監視用途にも利用できる。

 両メニューとも「監視ポータル」と「サービスデスク」を提供する。監視ポータルは各種監視項目について直近30日間のデータを時系列でグラフィカルに監視できる。サービスデスクは初期設定や設定変更、アカウント管理などを支援し、運用管理担当者の負荷を軽減できる。

 利用料金(税別)は、インバウンド可視化が月額9万6000円から、アウトバウンド可視化が月額12万7000円から。

サービス詳細
ネットワンシステムズのWebサイト

コメントを残す