メルカリでの発送方法の種類と比較 安い&簡単なのは?

Home » 媒体 » All About » メルカリでの発送方法の種類と比較 安い&簡単なのは?
All About, IT・インターネット, ネットオークション コメントはまだありません



送料負担をする出品者

安い送料で送りたい!

安い送料で送りたい!

フリマアプリのメルカリでは、いくつかの発送方法が用意されています。どれにするかは出品者が選ぶことができて、ほとんどの場合は料金との兼ね合いで決定していきます。メルカリの場合、出品者が送料を負担することが多いので、できるだけ安い方法を選ぶ傾向があるからです。

販売価格が安い商品の場合、送料の割合が高くなってしまって、手元に残る金額が少ないということもありえるので、出品者は送料にかなり気を使っています。一方、安全面やトラブル防止のために補償や追跡がある方法を選ぶことも多々あります。実際、どんな方法を選ぶにせよ特徴を知っている必要があるので、今回の記事でまとめてみたいと思います。ただし、今回紹介するのは、メルカリでもよく使われたり、出品者・落札者にとってメリットがある方法で、出品者が送料を負担する場合です。

着払いについては、「メルカリ出品者が着払いで送るときに気を付けたいこと」をご覧ください。

らくらくメルカリ便

らくらくメルカリ便は、メルカリとヤマト運輸が提携してできた発送方法です。購入後に取引画面で手続をして、ファミリーマートから発送をします。特徴としては大きく2つあります。

■発送方法は3種類から選べる

商品のサイズによって3つの方法から選ぶことができます。

1. ネコポス

比較的厚みがない商品のときに使える方法です。

サイズ:A4サイズ以内、厚さ2.5センチ以内、重さ1キログラム以内

送料:全国一律195円

2. 宅急便コンパクト

専用のボックス(税込み65円)をコンビニかヤマトの営業所で購入します。専用薄型ボックスと専用ボックスの2種類があり、商品の厚みで使い分けます。

サイズ:24.8センチ×34センチ(専用薄型ボックス)

25センチ×20センチ、厚みが5センチ以内(専用ボックス)

重さの制限はありません。

送料:全国一律380円

3. 宅急便

ネコポスや宅急便コンパクトでは送れないサイズの荷物のときに使います。通常の宅急便は荷物のサイズと重さ、送り先の3つによって送料が変わりますが、らくらくメルカリ便はサイズと重さで送料が変わります。全国どこに送っても送料は同じです。

サイズと送料

60サイズ(2キログラムまで)→600円

80サイズ(5キログラムまで)→700円

100サイズ(10キログラムまで)→900円

120サイズ(15キログラムまで)→1000円

140サイズ(20キログラムまで)→1200円

160サイズ(25キログラムまで)→1500円

■匿名配送ができる

お互いに住所や名前などの情報を伝えることなく商品を送ることができます。匿名配送を使うには、購入前に発送方法を「らくらくメルカリ便」に設定しておく必要があります。

らくらくメルカリ便については、「安く送れる!らくらくメルカリ便の使い方と注意点」で詳しく書いていますのでご覧ください。

レターパック

郵便局や一部のコンビニで売っている専用の封筒に商品を入れて送る方法です。厚みが3センチ以内であれば「レターパックライト」、それ以上は「レターパックプラス」となります。どちらも追跡が可能で、郵便局の窓口かポスト投函で発送ができます。

サイズ:A4サイズで厚みが3センチ以内 重さ4キログラム以内(レターパックライト)

            A4サイズで専用の封筒に入る厚み 重さ4キログラム以内(レターパックプラス)

料金:レターパックライト→360円

         レターパックプラス→510円

         全国一律の料金

普通郵便(定型郵便、定形外郵便)

補償がなく追跡機能もありませんが、その分料金が安く、メルカリでもよく使われる方法です。定形外郵便は2017年6月1日から「長辺34センチ、短辺25センチ、厚さ3センチ、重さ1キログラム」という規格が設定されて、規格内と規格外では料金が異なります。

サイズ

定型郵便:

最大 23.5センチ×12センチ×1センチ 

最小 14センチ×9センチ

重さ50グラム以内

定形外郵便:

規格内 長辺34センチ、短辺25センチ、厚さ3センチ、重さ1キログラム以内

規格外 最大辺60センチ、縦+横+高さ90センチ 重さ4キログラム以内

料金については、たとえば重さが300グラムだった場合、規格内であれば380円、規格外では500円です。以前は一律400円だったので、規格内は値下げ、規格外は値上げということになります。

定形外郵便の料金(画像:日本郵便より)

定形外郵便の料金(画像:日本郵便より)

クリックポスト

郵便局のサービスで、支払い手続きや宛名ラベルの制作を自宅で行います。追跡機能もあるので安くて安全な方法といえます。料金は事前決済で、Yahoo!ウォレットで行います。そのためYahoo!JAPAN IDが必要になります。 

サイズ:長さ14センチ~34センチ、幅9センチ~25センチ、厚さ3センチ以内 重さ1キログラム以内

料金:全国一律164円

ゆうパック

郵便局で扱う発送方法です。荷物のサイズと送り先によってサイズが異なります。ヤマト運輸が配送をするらくらくメルカリ便では重さも関係してきますが、ゆうパックは重さでの区分はありません。30キログラムまで対応可能です。そのため、サイズが比較的小さくて重い物の場合には、らくらくメルカリ便よりもゆうパックの方が安くなることも多々あります。また、持込み割引で120円、複数口割引で60円安くなります。もちろん、追跡や補償もあります。

サイズ

60サイズ:60センチ以内

80サイズ 80センチ以内

100サイズ:100センチ以内

120サイズ:120センチ以内

140サイズ:140センチ以内

160サイズ:160センチ以内

170サイズ:170センチ以内

重さは一律30キログラムまで

料金は、たとえば60サイズで東京から千葉に送るときには740円、大阪に送るときには840円です。郵便局に持ち込むと、それぞれ120円引きになります。料金は、郵便局のホームページで計算が可能です。

ゆうパックの運賃・料金計算(郵便局のホームページ)

家具や家電を送れる「大型らくらくメルカリ便」

らくらくメルカリ便の大型版といえるのが「大型らくらくメルカリ便」です。家具や家電など重くて大きな物を送るときに使える方法で、購入者が送料を負担する仕組みになっています。また業者の方が自宅で面倒な梱包までしてくれるし、送り先での荷解きや梱包材の回収までしてくれるので、出品者・購入者ともに非常に楽な配送方法です。ただし、匿名配送はできません。

サイズと送料は以下です。

200サイズ→4320円

250サイズ→7398円

300サイズ→1万746円

350サイズ→1万6254円

400サイズ→2万2950円

450サイズ→2万9646円

配送方法を「未定」にしていて商品が売れた場合にはどうする?

メルカリでは出品時に発送方法を決めますが、送り先によって送料が変わることを考えると、購入者の住所がわかるまで方法を決められないこともあります。その場合には「未定」にして出品をすることになります。(私の場合には、らくらくメルカリ便にするのか、それともはこブーンにするのかで迷ったときに「未定」にすることが多いです。)未定を選べるのは出品者が送料を負担する場合なので、着払いのときには選ぶことができません。

未定の状態で購入されたら送り先の住所を確認して、発送方法を決めます。らくらくメルカリ便を選べば取引画面上での操作がありますが、それ以外では特にありません。でも、いずれにせよ何で送ったのかは購入者に伝えておきましょう。問い合わせ番号があれば、それもコメントで伝えておけば購入者も安心します。

発送方法を間違えて設定したときに変更する方法

出品時に発送方法を間違えて設定してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。購入前と購入後で対処の仕方が違います。

■購入前の場合

出品画面の商品の編集から、発送方法の変更が可能です。特に補償や追跡がある方法から、それらがない方法に変更する場合には、気づいた時点で早めの変更が必要です。というのも、購入者は必ず配送方法をチェックしていて、できるだけ安全な方法で送ってほしいと思っているからです。価格を含め、それらの条件で購入するかどうかを決めるので、補償や追跡がない方法に変わってしまうと購入を断念することもあります。

また、らくらくメルカリ便の匿名配送は、購入される前に設定しておかないと使えません。もし購入者からのコメントで、らくらくメルカリ便にしてほしいと言われたら、必ず購入前に変更をします。

■購入後の場合

購入された後に発送方法の変更をするときには、購入者への確認が必要になります。基本的に補償などがない方法からある方法に変わる分にはクレームはありませんが、逆の場合にはクレームを受けるかもしれません。購入者が承諾をすれば、方法を変更して発送をします。

購入者の希望で変更することもある

もともとらくらくメルカリ便で送る予定だったけれど、購入者の事情などで変更することもあります。たとえば、留守にすることが多く、荷物の受取ができない場合です。その場合、補償がなくても郵便受けに投函される定形外郵便で送ってほしいという購入者も稀にいます。

この場合、購入前であれば商品の編集から変更できますが、購入後ではちょっと手間がかかります。というのも、匿名配送のために相手の住所などがわからないのです。そのため、事情を説明して、コメントを通して購入者に送り先を聞く必要があります。

メルカリで使える発送方法の種類はたくさんあり、料金や送る物によって使い分けるユーザーも増えてくると思います。定形外郵便の値上げ、2017年10月からはヤマト運輸の宅急便の料金値上げ、そして2017年7月に「はこブーン」の休止があります。今後はゆうパックなどの値上げもありえるので、配送事情は大きく変化していくでしょう。それを全部使っていくのは大変なので、使いやすい方法を2つか3つ用意しておいて、それ以外は余程のことがない限り使わないとした方が、出品者としては楽かもしれません。






コメントを残す