Gmailに届いた重要メールを迷惑メール扱いにしないホワイトリスト術

Home » 媒体 » ASCII.jp » Gmailに届いた重要メールを迷惑メール扱いにしないホワイトリスト術
ASCII.jp, IT・インターネット, トピックス コメントはまだありません



Gmailを完璧に使い倒す(秘)テクニック
第4回

2017年06月19日 10時00分更新

文● 島徹 編集●南田ゴウ

Gmailをメインの登録先や連絡手段として使っているユーザーは多いかと思いますが、ちょっと設定を加えるだけでさらに便利になります。ライターの島徹さんが日常生活でも役立つGmailのTipsをご紹介。

重要メールがGmailに迷惑メールと誤判断されたら
連絡先への登録とフィルタの作成で対応しよう

 長くGmailを使っていると、まれに必要なメールが迷惑メールとして判別されることがあります。さらに、迷惑メールは30日後に自動削除されてしまうため、最悪の場合は内容に気づかないまま消えてしまうこともあります。

 迷惑メールの判別は、Gmailが自動的に実施しています。他社のメールサービスだと、登録したメールアドレスを迷惑メールと判断しない”ホワイトリスト”機能があるのですが、一般向けのGmailでは設定がやや複雑です。Gmailでの迷惑メールの誤判別に関する対応方法を紹介します。


迷惑メールを見てみると、必要なメールが間違って入っていることも。定期的なメールにありがちだ

 まず、迷惑メールの誤判別があった場合の対応ですが、メールを表示して迷惑メールのマークを外します。PC向けブラウザーとスマホでは若干操作方法が異なります。この操作でも、対象のメールが今後はGmailから迷惑メールだと判別されにくくはなります。

PC向けブラウザーの場合は、メール上部に表示される「迷惑メールではない」アイコンを押す


iPhoneやAndroidスマホの場合は、メールを表示したあと「…」アイコンをタップし、「迷惑メールではない」をタップする

 よりしっかりと誤判別に対策するなら、「連絡先への登録」と「フィルタの利用」を使いましょう。

 連絡先への登録は、グーグルの連絡先(Google コンタクト)にメール送信者を追加するだけです。PC用ブラウザーではメールアドレスの上にカーソルを重ねるか「▼」アイコンから追加できます。Android版Gmailアプリではメールを開いてプロフィールのアイコンをタップすると追加できます。iPhoneなどiOSの場合は、OS標準のアカウントにGmailを登録しているなら、標準の「メール」または「連絡先」アプリから追加できます。


スマホの場合、AndroidスマホはGmailアプリから。iPhoneの場合は標準のメールアプリから連絡先(Googleコンタクト)にメールアドレスを登録する

 フィルタでは、指定した条件のメールに対して“迷惑メールにしない”という処理を追加できます。登録にはPCブラウザーのGmailからの操作が必要です。ふだんラベルや重要なメールの振り分けにフィルタを活用している方は、いっしょに設定しておくといいでしょう。

 設定方法ですが、PCブラウザーのGmailで登録したいメールを開いて「▼」アイコン→「メールの自動振り分け設定」→「この検索条件でフィルタを作成」→“ 迷惑メールにしない”のチェックボックスを有効にして「フィルタを作成」で登録できます。

指定したメールアドレスを、Gmailのフィルタで“ 迷惑メールにしない”に登録すると誤判別を防止できる

 登録したフィルタの管理は、PCブラウザーのGmailで歯車アイコンから「設定」→「フィルタとブロック中のアドレス」から操作できます。

■関連サイト



カテゴリートップへ




この連載の記事



コメントを残す