日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス

Home » 媒体 » ITmedia » 日本郵便、フリマ配送を簡単・割安に 「メルカリ」「ヤフオク!」などと新サービス
ITmedia, IT・インターネット コメントはまだありません

 日本郵便は6月19日、フリーマーケットアプリやネットオークションサイトなどと連携し、送り状の記入や送料決済を簡略化する「e発送サービス」を20日に始めると発表した。ユーザーは割安な全国一律料金や匿名発送サービス、コンビニ受け取りなどを利用できる。

photo

 e発送サービスを利用できるのは「ヤフオク!」(ヤフー)、「メルカリ」、「モバオク」(DeNA)、「フリル」(Fablic)、「ラクマ」(楽天)の5つ。

 出品者は、サービス運営事業者のWebサイト上でQRコードを発行し、郵便局か対応するコンビニエンスストアの専用端末で記入済みの送り状を発行する仕組み。送料の一部はサービス運営事業者が負担し、「ゆうパック」や「ゆうパケット」を割安料金で送れるという。

 送り状を発行できるのは、郵便局約1000局にある専用端末「ゆうプリタッチ」か、ローソン、ミニストップの一部店舗に設置されている店頭端末「Loppi」。ゆうプリタッチを設置する郵便局は、2017年中に約5000局まで拡大する計画だ。

photo

 荷物の受け取り場所は落札者の住所のほか、コンビニや郵便局、宅配ロッカー「はこぽす」も選べる。付加サービスとして、出品者と落札者が互いに氏名と住所を知らせず荷物をやりとりできる「プライバシー配送」にも対応する。

 ネットオークションサイト向けの宅配便サービスでは、伊藤忠商事が「ヤフオク!」向けに展開していた「はこBOON」を、「提携配送会社との契約が終了した」(同社)として新規受け付けを7月10日に一時休止すると発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


コメントを残す