中国から騒音が消えた日 一発勝負の大学入試 カンニング対策は“サイバー戦”

Home » 媒体 » ITmedia » 中国から騒音が消えた日 一発勝負の大学入試 カンニング対策は“サイバー戦”
ITmedia, IT・インターネット コメントはまだありません



中国全土で年に一度の大学入試「高考」が行われた。試験会場周辺は街ごと“マナーモード”を強制され、受験生を運ぶバスは、少々の交通違反なら処理は後回しで「とにかく試験会場に向かえ」との指令が出されたという。

産経新聞

 中国全土で年に一度、一斉に実施され、若者の将来を“一発勝負”で決めてしまうといわれる大学入試「高考(ガオカオ)」が6月7、8日(一部では9日も)に行われた。超学歴社会の中国での高考をめぐっては、毎年世界中に話題を振りまくことでも知られている。高考の復活から40周年となった今年は約940万人が受験した。「人生を左右する」と評される試験だけに、もともと「受験生ファースト」な目線で行われるビッグイベントなのだが、今年はさらにエスカレートした環境整備が進められたようだ。国営通信の中国新聞社によれば、試験会場周辺は街ごと“マナーモード”を強制され、受験生を運ぶバスは、少々の交通違反なら処理は後回しで「とにかく試験会場に向かえ」との指令が出されたという。

受験ママはチャイナドレス

 高考は、日本の大学入試センター試験に相当するともいわれるが、中国では日本のように各国公立大の2次試験のようなシステムはない。正真正銘の一発勝負であり、現代の「科挙」とも呼ばれるこの高考の結果で将来が決まるため、国を挙げて盛り上がる。日本のセンター試験の志願者数57万人と比べても、人口の違いはあってもその規模は破格で「世界最大規模の大学入試」なのだ。

 中国各地の試験会場では、会場周辺で交通規制が敷かれたり、試験に遅れそうな受験生をパトカーが運んだり、といった配慮もおなじみだ。試験会場には親や親戚、教師らが大挙詰めかけ、試験前には激励し、試験中は祈り、試験後はいたわるといった光景が繰り広げられる。ちなみに、同じような光景は韓国の大学受験でもみられる。

 中国新聞社が報じたところでは、試験会場となった重慶市の中学校には、縁起をかついでチャイナドレスを着た母親たちの集団も登場。わが子を応援し、周囲も盛り上げたという。

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.







コメントを残す