ウイングアーク1st、紙文書のPDF化ソフト「SPA」–プロセスを自動化

Home » IT・インターネット » ウイングアーク1st、紙文書のPDF化ソフト「SPA」–プロセスを自動化
IT・インターネット, ZDNet Japan コメントはまだありません

 ウイングアーク1stは、紙文書の電子化ソフトウェア「SPA」(旧SVF PDF Archiver)を6月15日から発売している。電子化された紙文書データをシームレスに保管し活用することを可能にする。

 人が紙をファイリングする際に決定した仕分けのルールをPDFファイルの運用管理に適用できる。仮想PDF技術で複数の電子ファイルを統合し、1つのファイルとして扱えるようにし、原本の電子ファイルを保証しながら、条件を適応した電子ファイルの編集を自動化できる。PDFファイルや帳票印刷データをタブレット端末上で閲覧、印刷でき、スタンプ付与や画像貼り付けなども可能。

 原本はそのままに、パスワード設定や印刷不可設定、透かしの埋め込み、アクセス制御、マスク(秘密事項などの重要な箇所を非表示)、墨消し(データ削除)などの設定が可能で、個人情報が記載された紙の提出書類も、該当する個人情報の箇所を自動的に墨消し、あるいは削除するといった設定もできる。

 大容量データを瞬時に高速に検索でき、紙やPDFファイルから日付、数字、文字列などの条件を設定することで部分一致や範囲検索もできる。検索条件にヒットしたデータを帳票リストに出力することもできる。

 データをCSVでダウンロードすることも可能。データ連携で蓄積された膨大なファイルのデータ分析もでき、参照されていないドキュメントをリストアップし、不要なドキュメントかを判断することもできる。

コメントを残す