メルカリのキャンセル方法 ペナルティや返金方法は?

Home » 媒体 » All About » メルカリのキャンセル方法 ペナルティや返金方法は?
All About, IT・インターネット, ネットオークション コメントはまだありません



基本的にキャンセルはできない

メルカリの基本的なルールとしてまず抑えておきたいのは、いったん始まった取引は基本的にキャンセルができないということです。出品者は購入されたら商品を発送し、購入者は手続をしたのであれば代金を支払います。これがメルカリのベースにあるので、参加する以上取引には責任を持つというのが大前提です。

でも、何らかの事情で取引を進められなくなったら、その時点でキャンセルをすることもできます。たとえば、発送前に商品が壊れてしまったということもありえますし、購入者がお金を払ってくれない可能性もゼロではありません。購入者の場合には、出品者が商品を発送してくれなければ、キャンセルすることでお金が戻ってきます。このように、相手の都合によってキャンセルするのは仕方ないのですが、自分の身勝手な理由ではキャンセルするのは難しいと思っていいでしょう。

メルカリで購入者がキャンセルする方法

購入者が取引をキャンセルする場合には、以下の条件が必要です。

「発送までの日数」を3日過ぎても発送されず、出品者からの取引メッセージも3日以上ない

「発送までの日数」というのは、出品者が出品するときに設定します。「1日~2日で発送」「2日~3日で発送」「4日~7日で発送」の3つから選ぶことができます。もしこの日数を超えても出品者が商品を発送しない場合には、以下のようなメッセージが取引画面に表示されます。

キャンセルのタイミングが近づくと、取引画面にメッセージが表示される

キャンセルのタイミングが近づくと、取引画面にメッセージが表示される

もしかしたら商品は発送されているけれど、出品者が発送通知を忘れていることもあるので、まずは出品者にメッセージを送ってみましょう。これに対して反応がない場合には、以下のようなキャンセルを依頼できる画面が表示されるので手続を進めます。

キャンセルの依頼ができるようになった

キャンセルの依頼ができるようになった

「お問い合わせする」をタッチすると次の画面になります。

ここからキャンセルの依頼をする

ここからキャンセルの依頼をする

「はい」をタッチすれば、依頼完了です。

これでキャンセル依頼ができた

これでキャンセル依頼ができた

画層は、私が実際にキャンセルしたときのものです。依頼してから1時間以内にメルカリ事務局からキャンセルを受け付けたというメールが届きました。

支払ったお金はどうなる?

メルカリ事務局でキャンセルを受け付ければ、支払った代金は以下の方法で返金されます。

クレジットカード:決済自体を取り消します

コンビニ:ATM:手数料を含めて購入者の売上金として戻ります

キャリア決済:購入日時とキャンセル日時によって返金の方法が違うので、利用明細で確認が必要になります。

売上金:売上金に戻ります。

ポイント:購入者のポイントに戻ります。

期間限定のメルカリポイントで支払いをした場合は?

メルカリポイントで支払いをしてキャンセルをするとポイントとして戻ってきますが、メルカリポイントには180日という有効期限があります。ポイントが戻ってきた時点ですでに期限が切れていた場合、残念ながらそのポイントは戻ってきません。そのためポイントは期限まで余裕を持って使っていきましょう。

支払い前にキャンセルするには?

何らかの理由で、購入者が支払いをする前に取引をキャンセルするには、購入者がそのまま支払いをしないのが一番いい方法です。もちろん、出品者と購入者の間で合意をしていることが前提になりますが、そうすれば出品者が下記の方法でキャンセルの手続を進めることができます。

出品者がキャンセルする方法

購入者が支払いをしなかったりした場合、出品者の方からキャンセルすることができます。購入手続をしてから3日以内に支払いが行われなかった場合、キャンセルの専用フォームが表示されるので、そこから依頼ができます。

ただ、いきなりキャンセルするのではなく、まずは購入者にメッセージを送ってみましょう。そのメッセージを見て慌てて支払いする購入者もいるからです。もし何の返答もないときには、キャンセルの手続をします。

キャンセルのペナルティはある?

取引をキャンセルした場合、評価が下がるなどのペナルティがあるか不安になると思いますが、メルカリの場合そういったことは基本的にはありません。ただし、互いにキャンセルに同意しているのが条件になるので、自分勝手な都合でのキャンセルの場合にはメルカリ事務局から警告がきたり、利用制限などをされる可能性もあります。

このように、いざというときには取引のキャンセルが可能ですが、冒頭に書いたように取引には責任を持つのが基本です。いくらペナルティがないといっても、簡単にキャンセルできると考えるのは問題といえます。やはりお互いに気持ちよく取引ができるように、最低限のルールは守ってメルカリに参加していきましょう。






コメントを残す