Linux対応「SQL Server 2017」のリリース候補版が公開

Home » IT・インターネット » Linux対応「SQL Server 2017」のリリース候補版が公開
IT・インターネット, ZDNet Japan コメントはまだありません



 Microsoftは米国時間7月17日、「SQL Server 2017」の初のリリース候補(RC)版をリリースした。

 SQL Server 2017は、LinuxとWindows Serverの両方で動く初のSQL Serverとなる。Microsoftの関係者によると、SQL Server 2017は今夏に一般提供を開始する予定という。

 Microsoftはこれまで、SQL Server 2017のCommunity Technology Previewを7回リリースしている。Microsoftは今回、Microsoft Researchの「Drawbridge」技術を利用して、SQL ServerをLinux上で動かすことができるようにした。DrawbridgeはMicrosoft Researchが数年がかりで開発している「ライブラリOS」コンセプトを活用しており、アプリケーションのサンドボックス化向けの仮想化技術だ。Windows 10でBashシェルを動かすにあたっても重要な役割を果たした。

 SQL Server 2017はLinuxサポートに加えて、グラフデータ処理機能も提供する。データ暗号化のTLS、「SQL Server Analysis Services(SSAS)」「SQL Server Integration Services(SSIS)on Linux」「SSIS on Windows Server」などの機能も備える。

 SQL Server 2017はRed Hat Enterprise Linux、Ubuntu Linux、SUSE Linux Enterprise Serverにインストールできるほか、Windows Server、それにLinux/Windows/macOS上のLinux Dockerコンテナ上で動かすことができる。

 




この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。



コメントを残す