日経平均膠着–4~6月決算発表でどう動く?

Home » IT・インターネット » 日経平均膠着–4~6月決算発表でどう動く?
IT・インターネット, ZDNet Japan コメントはまだありません



今日のポイント

  1.  先週、イエレン米FRB議長がハト派姿勢を示し、米金利の先高感が低下したため、NYダウは最高値を更新。ただし、円高が進んだため、日経平均の上値は重いまま
  2. これから本格化する4~6月決算に注目。設備投資関連の回復に期待。自動車は不振の可能性も

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

NYダウが最高値更新でも、日経平均は2万円前後で膠着

 先週14日、NYダウは84ドル高の2万1637ドルとなり、3日連続で史上最高値を更新した。週明けの17日は、8ドル安の2万1629ドルと小反落した。

 NYダウが最高値を更新する原動力となったのは、先週、米利上げのペースが弱まるという見方が広がったことによる。最近、米景気好調→米金利上昇→金利上昇懸念を嫌気して米国株が下落という流れが出始めていて、米国株の上値を重くしていた。

 ところが、先週12日、イエレンFRB議長が議会証言で、利上げを急がないハト派姿勢を示したことから、NYダウは上昇力を取り戻した。イエレン議長は、もともとハト派で知られていた。ところが、最近、利上げに積極的な発言が目立ち、いつの間にタカ派になったのかと、不思議がられていたところが、あった。

 先週の議会証言で、イエレン氏は、9月にもFRBの保有資産縮小を決める可能性を示唆したが、利上げについては、「さらに大幅な利上げが必要なわけではない」と、慎重姿勢を示した。

 NYダウは、最高値を更新したが、日経平均は2万円前後で膠着したままだった。米金利の先高感が後退したことにより、為替がやや円高(ドル安)に動いたことが、ネガティブ材料となった。日経平均は、米金利上昇なら米国株調整懸念に、米金利下落ならば円高懸念に上値を抑えられる状況が継続している。

 先週は、利上げ懸念の後退で、NYダウが上昇したことが追い風になる中、円高が警戒材料となり、結局、2万円前後の膠着を脱することができなかった。




日経平均週足:2016年1月4日~2017年7月14日


注:楽天証券マーケット・スピードより作成



コメントを残す