見たいツイートがすぐ見つかるTwitterの検索コマンド

Home » 媒体 » All About » 見たいツイートがすぐ見つかるTwitterの検索コマンド
All About, IT・インターネット, インターネットサービス コメントはまだありません



Twitterの検索コマンドとは

Twitterでは自分が見たい内容のツイートを検索することができます。例えば、犬を含んだツイートを検索したい場合、検索ボックスに「犬」と打ち込めば、犬に関する様々なツイートを閲覧できます。ですがこれから紹介する方法を利用すれば、もっと詳しくピンポイントにツイートを検索することができます。

例えば犬の画像付きのツイートを検索しようとするとき、検索欄に「犬 写真」と入力して検索しても、画像が付いていないツイートでも「犬 写真」のキーワードを含むその他のツイートが大量に検索されてしまいます。そこで「犬 filter:images」と検索すると、画像付きのツイートをピンポイントに検索することができます。この「filter:images」のような検索条件を指定できる文字列のことを検索コマンド(演算子)と言います。

Twitterで検索する方法

アプリの場合

1

 

アプリを開いたら下部の虫眼鏡アイコンをタップします。
すると上部に検索欄が現れます。
ここに検索したいキーワードを打ち込みます。

ウェブの場合

w

 

画面右上に、検索欄が表示されています。
ここをクリックして検索したいキーワードを入力し、虫眼鏡アイコンをクリックします。

ツイートに含まれるキーワードを指定する検索法

これらの検索コマンドはGoogleなどの検索エンジンで利用できる検索方法ですが、Twitterでも利用することができます。

「犬 猫」

キーワードの間にスペースを入れて検索すれば、「犬」と「猫」両方のキーワードが含まれたツイートを検索できます。

「犬 -猫」

キーワードの間に-を入れて検索すれば、「犬」は含まれるが「猫」は含まれないツイートを検索できます。

「犬 OR 猫」

キーワードの間にORを入れて検索すれば、「犬」または「猫」が含まれたツイートを検索できます。

「”犬と遊ぶ猫”」

“”内にキーワードを含めて検索すれば、一字一句そのままのキーワードを含むツイートを検索できます。「犬 猫 遊ぶ」のように“”をつけず、スペースを含めて検索すると、キーワードをバラバラに含むツイートも検索されてしまいます。

ツイート期間を指定する検索法

ある時期まで、またはある時期から投稿されたツイートをピンポイントに指定する検索方法です。

「犬 since:2016-07-01」

「犬」が含まれるツイートのうち2016年7月1日から今日までのツイートを検索できます。

「犬 until:2017-07-01」

「犬」が含まれるツイートのうち2017年7月1日までのツイートを検索できます。

「犬 since:2016-07-01 until:2017-07-01」

「犬」が含まれるツイートのうち2016年7月1日から2017年7月1日までのツイートを検索できます。

ツイート場所を指定する検索法

ツイートが投稿された場所を指定する方法です。地名の他にも有名な建物などを指定することができます。

「犬 near:渋谷」

渋谷の近くでツイートされた「犬」を含むツイートを検索することができます。

「犬 near:代々木公園 within:1.5km」

代々木公園から半径1.5キロ以内でツイートされた「犬」を含むツイートを検索することができます。

動画、画像、リンクを含むツイートを検索する方法

動画、画像、またはリンクが付いたツイートを閲覧したい時に使える方法です。

「犬 filter:videos」

「犬」を含むツイートで動画付きのものを検索することができます。


「犬 filter:images」


「犬」を含むツイートで画像付きのものを検索することができます。

「犬 filter:links」

「犬」を含むツイートでリンク付きのものを検索することができます。

ツイート元、ツイート(リプライ)先を指定する検索法

特定のユーザーからのツイートを検索したい時、または特定のユーザーへのリプライを検索したい時に使える方法です。

「犬 from:◯◯」

◯◯というユーザーのツイートのうち「犬」が含まれるものを検索することができます。

「犬 to:◯◯」

◯◯へのリプライのうち「犬」が含まれるものを検索することができます。

リツイート、お気に入り、リプライの数を指定する検索法

ツイートのうち反響の大きいもの、つまりリツイート数、お気に入り数、リプライ数の多いものを検索する方法です。

「犬 min_retweets:数字」

例えば、「犬 min_retweets:5」と検索すると、「犬」が含まれるリツイート数が5以上のツイートを検索することができます。


「犬 min_faves:数字」


例えば、「犬 min_faves:5」と検索すると、「犬」が含まれるお気に入り数が5以上のツイートを検索することができます。


「犬 min_replies:数字」


例えば、「犬 min_replies:5」と検索すると、「犬」が含まれるリプライ数が5以上のツイートを検索することができます。

 

言語を指定する検索法

特定の言語で投稿されたツイートのみを投稿する方法です。英語はもちろん、他の外国語にも対応しています。

「犬 lang:en」

「犬」を含む英語のツイートを検索することができます。他にも以下のような外国語で検索が可能です。

  • ドイツ語 lang:de
  • フランス語 lang:fr
  • イタリア語 lang:it
  • スペイン語 lang:es
  • オランダ語 lang:nl
  • 韓国語 lang:ko
  • 中国語 lang:zh
     

コマンドを応用してもっと詳しく検索しよう

紹介したコマンドは組み合わせて使用することができます。例えば、犬か猫を含む、2017年7月1日までのツイートを検索したい場合、「犬 OR 猫 until:2017-07-01」とします。また、犬を含む、渋谷で投稿された画像つきのツイートを検索したい場合、「犬 near:渋谷 filter:images」とします。このようにコマンドを組み合わせれば自分の見たいツイートをより高い精度で検索することができます。

これらのコマンドを利用してTwitterをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

パソコンの「高度な検索」メニューの使い方

ウェブのTwitterではこれらのコマンドを使用することなく「高度な検索」を行うことができます。

ウェブ上の検索欄にキーワードを打ち込むと検索フィルタが現れます。

ko

 

「高度な検索」をクリックすると様々な検索条件が現れます。

ii

 

このページでキーワードやユーザー名、場所や日付を細かく指定して検索することで、コマンドを打ち込むことなく精度の高い検索が可能になります。ウェブでTwitterを利用する方はこちらの方法も是非試してみてください。






コメントを残す