ケンウッド、原音再生をコンセプトとするKシリーズの新スタンダードモデル「K-515」

Home » 媒体 » ASCII.jp » ケンウッド、原音再生をコンセプトとするKシリーズの新スタンダードモデル「K-515」
ASCII.jp, AV, IT・インターネット コメントはまだありません



フロントパネルに剛性を高めるアルミ素材を採用して不要な振動を徹底して抑制

2017年08月08日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「K-515」

 JVCケンウッドは8月8日、ケンウッドブランドの「Kシリーズ」の新製品として、コンパクトHi-Fiシステム「K-515」を発表。8月下旬に発売する。

 ハイレゾ音源(192kHz/24bit)のUSB再生に対応。高音質設計のフルデジタルアンプ、剛性を高めたハイレゾ対応2Wayスピーカーを搭載し、高精細なハイレゾ音源を音場豊かで臨場感のある音質で楽しめる。CD再生やNFC/Bluetooth、ワイドFMチューナーなどのオーディオソースに対応。

シルバー(上)とゴールド(下)の2モデルがラインアップ

 アンプ出力は25W+25W、USB再生はMP3、WMA、WAV、FLACに対応、BluetoothはVer.2.1+EDR/SRC。ラジオチューナーはワイドFMおよびAM。スピーカーは1本あたり2.5cmドーム型ツィーター×1と11cmコーン型ウーファー×1を搭載。本体のサイズはおよそ幅215×奥行き295×高さ96mm、重量およそ2.2kg。スピーカー部はサイズはおよそ幅140×奥行き239×高さ237mm、重量およそ3.4kg(1本あたり)。予想実売価格は5万9400円。

■関連サイト



カテゴリートップへ







コメントを残す