コアなAMD党が集まった「Ryzen Threadripper」の深夜販売

Home » 媒体 » ASCII.jp » コアなAMD党が集まった「Ryzen Threadripper」の深夜販売
ASCII.jp, IT・インターネット コメントはまだありません



AMD「Ryzen Threadripper 1950X」、「Ryzen Threadripper 1920X」

2017年08月11日 02時33分更新

文● 山県、北村 編集●北村/ASCII.jp

 8月10日(木)22時、AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の販売がスタートした。秋葉原の一部ショップでは恒例の深夜販売を実施。CPUとマザーボードの同時購入で20万円オーバーとなる高額商品ながら、いち早く手に入れるべく熱心な自作ユーザーが集まった。



AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の販売がスタート。CPUとマザーボードの同時購入で20万円オーバーだが、早速購入していくユーザーが続々と集まった

 深夜販売を行なったのは、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、TSUKUMO eX.の3店舗。発売されたのは「Ryzen Threadripper 1950X」(税抜14万5800円)、「Ryzen Threadripper 1920X」(税抜11万5800円)の2モデルだ。



ユニークなパッケージを採用する「Ryzen Threadripper」

 さらにX399チップセット採用の対応マザーボードの販売も開始。ASRock、ASUS、GIGABYTE、MSIから5モデルが発売となっている。



ASRock、ASUS、GIGABYTE、MSIから5モデルが販売中のマザーボード。中でもASRock「X399 Taichi」は品薄のため完売は近い

 深夜販売を行なった3店舗では、事前会計を実施。解禁時間の22時に製品の受け渡しが行なわれた。なお、確認したところ購入したのは秋葉原全体で30人程度。ハイエンド向けということもあり、Ryzen 7発売時のような盛り上がりはなく、静かな深夜販売となった。



パソコン工房秋葉原BUYMORE店では店内でカウントダウンを実施。22時と同時に拍手で販売を祝った 満面の笑みの購入者第1号。CPUとマザーを買うために、16時にはお店に来ていたそうだ



パソコン工房秋葉原BUYMORE店では恒例のデモ機が解禁時間と同時に登場。「Ryzen Threadripper 1950X」でCINEBENCH R15を計測していた。あまりの描画の速さにギャラリーがどよめく



「Ryzen Threadripper 1950X」のスコアは3327。CPU比較では Xeon 5650の3倍近い数値になり、棒グラフの表示限界を振り切っていた



Ryzen Threadripper購入者限定で配布されたスリッパ TSUKUMO eX.では22時になったとたん、急に人が増えだした



それもそのはず、22時の販売解禁と同時にオーバークロッカーの清水氏が、店頭で液体窒素冷却のデモを開始。かなりCPUが熱いのか液体窒素を注ぐたびに、ものすごい煙が吹き上がっていた



ベースクロック3.4GHzの「Ryzen Threadripper 1950X」を5.1GHzまでオーバークロック。CINEBENCHのスコアは3867と、驚異的な数値を叩き出した 深夜販売の様子を偵察に来たジサトラ ハッチ。今回は金額が高くて買えなかったそうだ

 ちなみに、CPUは海外通販を利用しマザーボードだけ購入するというユーザーも多くいた模様。マザーボードは、ASRock「X399 Taichi」やASUS「ROG ZENITH EXTREME」が売れ筋となっているようだ。

【関連サイト】



カテゴリートップへ






コメントを残す