相次ぐ遺伝子療法の市場撤退、GSKがストリムベリスを売却へ

Home » 媒体 » ASCII.jp » 相次ぐ遺伝子療法の市場撤退、GSKがストリムベリスを売却へ
ASCII.jp, IT・インターネット, MITTR(冒頭のみ) コメントはまだありません



グラクソ・スミスクラインが、致死性の遺伝性疾患を完全に治癒する遺伝子治療薬ストリムベリスを売却する考えを明らかにした。ストリムベリス以外に承認された唯一の遺伝子治療薬グリベラも2017年4月に市場から撤退しており、今後の遺伝子療法の開発に影響を及ぼす可能性がある。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】






コメントを残す